URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


雨水(24節季)に雛人形を飾りました モダンな空間にピッタリの季節のインテリアアイテム 立ち雛の雛人形

P1170871

 

 

昨日は二十四節季で ”雨水” でした。

 

雨水とは、 雪が雨に変わる季節 という意味合いで、

冬から春に向かっていく節目を指すんですね。

2月19日頃から啓蟄(けいちつ)の前までの期間の

初日にあたる日が雨水とされています。

 

 

 

この日に雛人形を飾るのを良しとする地域もあれば、

節分を機に日に人形を飾る地域もありますが、

我が家ではお伊勢さんに詣でるのが2月15日前後なので、

例年雨水の2月19日に雛人形を飾っています。

 

 

 

 

 

日本において、女の子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事のひな祭りは、

桃の節句とも言いますが、正式には上巳の節句といい、

上巳に禊祓いを行う習慣がルーツのようです。

 

 

人形を飾るようになった背景としては、

この禊祓いの習慣と平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」が

ミックスされ現在の形になったのが有力視されていますが、

その期限は定かではないようです。

(大祓神事の人形代をご存知でない方はこちらでご確認ください)

 

 

P1170867  1

 

 

 

 

我が家はシンプルインテリア、シンプルライフがベースなので

モダンなインテリアにもぴったりな

シンプルな立ち雛を飾っています。

 

 

敷物に立ち雛を飾るだけで

上質なインテリアとしても成り立ちますし、

余計な飾りが不要なので何よりもシンプル。

 

 

我が子の健やかな成長を願う事はもちろんですが、

インテリアのしつらいとしても大好きなアイテムなので

この季節を雛人形を通して楽しませていただこうと思います。

-シンプルインテリアレシピ, ミニマル Cafe♪ 徒然日記