URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


北米発のホームセンターの充実ぶりが半端ない DIY先進国ならでは品揃え THE HOME DEPOT(ザ・ホームデポ)

P1150652

 

カナダバンクーバーやカルガリーの郊外に行くと

The Home Depot(ホームデポ)という

北米の代表的なホームセンターがあります。

 

日本のコーナンやムサシ、ロイヤルホームセンターの北米版といったところ。

 

P1160171 

 

 

ところが中を覗くと、

いかに北米ではDIYが当たり前なのかが

手に取るように分かります。

 

 

 

 

まずは壁の塗料の種類の豊富さ

 

P1150652

 

 

その種類のなんて多いこと!

日本では壁紙クロスが主流なので

ほぼホワイト系、ベージュ系で終わりですが

 

北米では壁を塗料で仕上げることが主流なので

塗料の色の多さにびっくりします。

 

実は日本でも日本塗料工業会という業界で色見本帳が用意されているので、

外壁などで選べる種類は実は多いのですが、

商品として店頭に並んでいるペンキの種類は少ないですよね。

 

 

 

 

こちらはキッチンの収納扉

日本ではキッチンメーカーがシステムキッチンとして商品を作っていますが

こちら北米では一つづつパーツを選んでカスタマイズをしながら

自分好みのキッチンを作り上げるのが主流のようです。

 

 

P1150654

 

 

 

 

 

 

キッチン天板の主流は大理石で、しかもこの種類の多さには脱帽です。

これ、ホームセンターで売ってるんですからすごいですよね。

 

P1150653

 

 

 

そして、床のカーペットもこんな感じのラインナップ

 

P1150658

 

 

フローリングだってもちろん売っています。

写真ではちょっとしかないように見えますが

その数も日本のホームセンターでは考えられないくらいの種類でした。

 

P1150655

 

 

 

 

 

 

壁のタイルだって売っています。

この写真のタイル薄いグレーのグラデーションで

とってもクールでした。

日本で売ってたら絶対これ使うと思います。

 

P1150657

 

 

 

 

 

そして何より驚くのが売っている道具の種類

まあこの辺の工具は日本のホームセンターでも

普通に売っていますが・・・

 

P1150660

 

 

 

このあたりの工具は

日本だったらプロの大工さんしか使わない類のものです

 

P1150659

 

 

そして極め付けがこちら

レンタル工具の扱いですが・・・

 

P1160172

 

ユンボ(ショベルカー)がレンタルされています。

お庭だってDIY・・・ 流石です。

 

 

 

 

そして、北米ならではの取り扱いアイテムがこちら

一家に一台 屋外BBQグリル

 

P1150651

 

関西では一家に一台のたこ焼き器。

北米ではBBQグリルが必須アイテム。

 

たこ焼き機は気軽でも、

こちらは結構な値段でしたよ。

 

 

 

 

 

ということでカナダで出会った

北米の代表的ホームセンター The Home Depot のご紹介でした。

 

 

-日本を世界を旅しよう