URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


2017/06/28

デザインリフォーム インテリアコーディネート実例 大阪府一戸建て  ホワイト基調の空間&ウォルナットインテリア クラシックモダンテイスト

P1140619

 

大阪市内のRC造りの一戸建てリフォームが

完成致しました。

 

 

 

今回のケースでは

施主様からのご要望は大きく4つありました。

 

・使いやすい対面式のキッチンに

ダイニングと応接室を間仕切っていた

造作収納を撤去したい。

 

 

・イギリス調の雰囲気が好きだけれども、

既存のダイニングセットや

リビングテーブルなどは活かしたい。

 

・既存の建具もそのまま活かしたい。

 

・リビングには赤いアクセントカラーを使いたい

 

 

 

 

 

 

そんな施主様のご要望をSimple&Style流に解釈し、

デザインさせていただいた実例です。

 

before afterがこちら

 

 

YO1

 

YO4

 

YO6

 

 

木目柄の壁だった応接室もダイニング側の壁を取っ払い

ホワイト基調になったおかげで広々と明るい空間になりました。

3枚の間仕切り戸を設置しましたので、

仕切ることも可能です。

 

 

 

間接照明はいつもながらのダウンライトを追加し

ちょっぴりゴージャスな雰囲気に。

 

 

ダイニングテーブルはそのまま使用し、

TVボードとカーテンやラグなどは新調しました。

 

 

 

 

 

 

YO2

 

 

間仕切り壁がないと本当に広くなりますね。

開放感があるお部屋は

それだけで心地よい感じがします。

RC構造の一戸建てなので心柱がなく、

自由に間仕切壁を撤去することができました。

 

在来工法や2×4構造だと

簡単に壁を撤去するわけには行かないので

今回のケースはリフォームするには

ラッキーな条件でしたね。

 

 

YO7

 

昼間でも光がほぼ届かなかったダイニングにも

太陽光が届くようになり

キッチンも開放的で使い勝手も良くなりました。

 

 

 

 

既存の無垢の家具ダイニングセットも活かせるよう

ダイニングの天井梁はそのまま活かしてみました。

 

P1140651 

 

 

 

床のフローリングと同じ

ホワイト系の木目で合わせた

ペニンシュラ型のキッチンも

beforeの写真と比べるとこの変貌ぶり。

 

 

家族との繋がりも感じやすい配置なので

お子様も自然とお手伝いをしてくれるように

なったそうです。

 

 

YO8

 

YO6

 

 

 

 

床置きのエアコンが設置されていた

ニッチコーナーには

施主様セレクトの電気暖炉が入りました。

 

P1140659

 

 

 

 

 

一方リビングでは

”イギリス調” ”赤いアクセントカラー” 

という二つのご要望をいただいておりましたので、

こんな感じに仕上げてみました。

 

 

 

 

P1140662

 

おなじみのチェスターソファーに

サイドテーブル+クリスタルテーブルランプ

 

ワインレッドのカーテン

赤色のスツール

 

既存のリビングテーブルとの相性を考え

サイドテーブルやTVボードは

ウォルナットのものをチョイス

 

 

 

P1140624

 

 

 

コテコテのクラッシックは

私自身苦手なので、

新調した家具のテイストはモダンで揃えています。

 

 

 

P1140619

 

 

お陰様で施主様にも

とても喜んでいただきました。

 

 

さあ引き続き、東京のマンションプチリフォームと

老人福祉施設の内装プロデュースなどなど、

一つ一つの案件を

丁寧に進めさせていただきたいと思います。

 

シンプルインテリア専門
神戸・大阪・北摂インテリアコーディネートのSimple&Style 

-インテリアデザイナーのお仕事, デザインリフォーム・リノベーション実例, トータルインテリアコーディネート実例
-