URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


2017/06/28

これは知らなかった! モバイルが妨げる上質な睡眠  良質な睡眠は心と体のエイジングケアの基本その2




P1120179

 

前回のブログで、

『エイジングケア』において

何よりの根本的な基本になるのが

『良質な睡眠』だと言うことを

ご紹介いたしました。

 

 

 

  

 

で、今回は

良質な睡眠の条件というものを

さらに踏み込んで

具体的にご紹介したいと思います。 

 

『そんなことはもう知ってますよ』 

 

という方はさらっと流してくださいね。 

 

 

 

 

 

 

【良質な睡眠の6条件】

 

1、暗闇 人工光が一切ない

2、静寂 いかなる微細な音も、その何倍〜何十倍になって脳内に響く

   →音があるとデフラグ出来ない

   (もちろん音楽を聴きながら寝るのもNG)

3、快適で清潔な、触感の良い寝具

4、適度な疲労感(心地よい運動)

5、夜は遅くても9時半までには就寝

  春・秋は4時半起床 

  冬は5時起床、夏は4時起床

6、就寝前はモバイル機器を触らない。寝室にも入れない。

 

 

 

 

 

 

どうですか?

出来ますかこれ?

 

 

どれも大切な要素なのですが、

特に6が問題らしいのです・・・

 

充電器を寝室に置いてませんか?

スマホを目覚まし替わりに使っている方にも

ちょっと悩ましい問題ですね・・・

 

 

 

 

そのほかの5項目も

なかなかハードル高くないですか?

 

音楽を聴きながら寝ていた私には

2の項目もちょっと寂しいですが・・・

 

目覚まし時計の 

”カチカチ” と秒針がなってしまう

ステップムーブメントのものも、

 

”いかなる微細な音” 

 

に当てはまってしまうのでNGですよね。

 

 

 

 

 

5の ”遅くとも9時半までに就寝” 

というのも、なかなかです・・・

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず

ミニマル兄さんファミリーは

子どもがまだ小さいので、

我が子が布団に入る8時半ころに

私たち夫婦も布団に入るように

改善してみました。

 

 

 

 

 

まだ、実践して2週間も経っていないので、

なんとも言えないのですが、

 

 

なかなか難しいですね・・・

 

 

子供は布団に入って電気を消すと

15分以内には眠ってしまいます。

 

 

 

 

私たち夫婦は

そのあと今日の出来ことや

最近感じることなど

あれこれを話すコミュニケーションの

良い機会となりました。

(←私は基本聞き役です) 

 

 

 

 

 

ただ、そうは言っても

9時頃にすっと眠気がくるってことがないので

4の ”適度な疲労感” を心がけるべく

合気道を習い始めました。

 

 

体は硬いし、

変な力が入ってしまうので

翌日は全身筋肉痛です・・・

 

 

 

 

 

 

 

でもね、

正直こんな早寝スケジュールじゃ

仕事が追っつかない・・・

 

 

 

一応、家事と仕事は朝5時から開始して、

移動もなるべく公共の交通機関を利用し

移動中にもPC作業をするようにしました。

 

 

でも基本的には集中力をアップして

仕事の効率を上げるしかなさそうです。

 

 

 

 

 

 

上質な睡眠を心がけて

いつまでも実年齢以上に

若々しくいれたら嬉しいですよね。

 

 

 

引き続き

上質な睡眠を心がけて、その変化を体感してみたいと思います。

-ミニマル Cafe♪ 徒然日記
-