URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


シンプルインテリアレシピ 洗濯用の洗剤入れを統一して、見た目スッキリ

P1130480

 

ミニマル兄さんです

生活感が出やすい場所の一つが洗面所

 

特に、洗濯機の周りって

様々な洗剤が集りますし、

メーカーもパッケージも違うために

何かとごちゃごちゃしちゃいません?

 

 

 

 

やっぱりメーカーのパッケージのまま

並べてしまうと

たとえ種類が少なかったとしても

見た目がバラバラなので

どうしても雑多な印象になってしまいますよね。

 

 

P1130482

 

 

 

そこでおすすめなのが

収納容器を統一すること。

 

実際に我が家で使用している状態がこちら・・・

 

 

 

 

P1130480

 

 

 

液体洗剤のボトルとして

1、液体石鹸

2、洗濯石鹸用リンス

3、シルクやウールなどのおしゃれ着用洗剤

 

と、3種類揃えています。

 

 

 

 

液体石鹸は蛍光剤などが入っていない

純石鹸系のものを使用していますので、

オフホワイトのパンツなどが

真っ白になってしまうこともありません

(←主に食べ物のシミに直接塗りこむ為に使っています)

 

 

 

 

 

メインで使っている洗濯用粉石鹸と

汚れがひどい時に補助で使う

セスキ炭酸ソーダの粉末は

食品用のストッカーに入れています。

 

 

 

 

 

そして最後がセスキ炭酸ソーダを水で溶かした

万能洗剤をスプレーボトルに入れてます。

 

キッチン周りの汚れももちろん

カーペットのシミ抜き

洗濯物の頑固な汚れにも使える万能洗剤です。

 

 

 

 

白い容器と透明の容器を揃えて

色と形を揃えることで

収納内もオシャレにスッキリしますよ。

-シンプルインテリアレシピ
-