URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


2017/07/02

シンプルインテリアアイデア 最近急速に普及し始めたリアルな人工芝は、どこまで本物の芝生に近づけるのか? やれるとこまで加工してみた編

P1120741

 

 

無類の芝生好き、

芝生の丘好きのミニマル兄さんですが、

本物の芝生をマンションのベランダに敷設するって

ちょっとハードル高いですよね。

 

 

水やりの問題、防水の問題、

芝の根っこのコンクリートへの悪影響などなど・・・ 

 

 

 

かといって、かなりリアルになったとはいえ、

人口芝をそのまま敷いても

本物志向の人にとっては趣が無さすぎる・・・

(←メーカーによってもかなり違いがありますが)

 

 

 

 

 

だったら、リアルに近づけりゃいいんじゃねーの?

と、人工芝をよりリアルな芝生に近づけるべく

加工をはじめてからほぼ3ヶ月・・・

 

 

 

Facebookでも、『果たしてゴールがあるのか?』と 

図星のコメントをいただいておりました。

 

 

 

 

おっしゃる通りゴール無いっす・・・

ということでこの辺で打ち止めとさせていただきます。

 

 

現状がこちら

 

P1120558

  

P1120743

 

いい具合にリアルな芝生感がようやく出てきました。

 

 

少ない面積ならいいんですけど10m2程度あると

全面リアル加工はさすがに無理ですね・・・

なんせ手作業なんで・・・

 

 

 

 

 

 

それでもやっぱり人工芝は

 

メンテナンスも楽ですし

枯れることもありませんし

冬でも青々しているので

 

気軽にお庭の感じを楽しむには

とても良い選択肢だと思います。

 

 

 

 

 

ただ・・・

今回使ったメーカーのもの

空気が乾燥していると静電気が半端ないです。 

まあ、安いから目をつむりますけど。

 

 

 

 

 

 

で最近ですが、

ど根性な草が人工芝に根付きました。

 

写真がこちら

 

P1120750

 

人工芝って、夏場の灼熱では火傷するほど

暑くなるんですけど

 

雨どいのパイプ近くは

いつも若干水が流れているので

気づけば種から芽が出たようです。

 

 

そんなど根性な草のおかげで

ますますリアルな芝に近づきました

 



シンプルインテリア専門
神戸・大阪・北摂インテリアコーディネートのSimple&Style  

-インテリアデザイナーのお仕事, シンプルインテリアレシピ
-