URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


神々の住む島バリ 初めてのバリ島にてきつい洗礼を受けました ほぼ確実にお釣りをチョロまかされる日常

P1090297

 
シンプルライフだからこそ、

日本を世界を旅しよう

  

  
ベトナム→カンボジア→マレーシアを経て

4カ国目に訪れたのが

インドネシアのバリ島です。

 

 

 

 


神々の住む島とも称される

信仰心の厚い民族が暮らす島。

私、勝手にこんなイメージをしていました・・・

信仰心が厚い=人がいい

バリ島=リゾートでのんびり

 


でもね、人生初のバリ島

のっけから ”バリ流儀” の洗礼を

しっかりお見舞いしていただきました。

 

 

 

 

事前のリサーチでは・・・

 

『タクシーは基本ボラれる』

 

ということだけは理解していたので、

空港タクシーを使ってみました。

(←夜遅かったし、オールアバウトでオススメされてたし・・・)

 

 

 

ゲートを降りてすぐにタクシーカウンターがあり、

ホテルの場所を指さすと

無造作に白紙に 値段を書き始めました。
 

確か、30万ルピア
 

為替の感覚も身につく前だし、

正直高いのか安いのかさっぱり分からず・・・

言われるままお金を払いタクシーの場所まで歩きました。

 

 

 

すると妻が一言

 

 

『さっき看板があって目的地別に値段書いてあったけど

うちらが払った価格の半額だったよ・・・』

 


 

『えっ!・・・ ボラれたっ!』

 

 

 

 

そうなんです。

このバリ島っていう国は・・・

基本的にボッタクられると思っておいたほうがいい。

 


後から調べてみたら、

空港タクシーの料金確かに半額になってました・・・

 

 

 

 

ホテルについてからいろいろバリのことを調べてみたら、

空港の両替所でもボッタクられるとか・・・

(←釣りをちょろまかされたりするらしい・・・)

 

 

 

恐ろしや・・・

 

 

 

何に対してもとっても真面目な日本人にとっては

信じられない文化です。

 

 

 

 

 

 

P1090318

 

こんなこともありました。

翌日ホテルでルームサービスを頼んでみたんですね。

 

感じの良さそうな兄ちゃんが料理を運んで来てくれました。

チェックアウト時にまとめて精算かと思いきや、

現金で今支払って欲しいとのこと。

 

細かいお金がなかったので、

大きなお札を兄ちゃんに渡したところ

釣りをとってくると言って立ち去りました。

 

 

 

 

5分後くらいにドアベルが鳴り、

兄ちゃんが釣りを持ってきましたが・・・


タクシーの件があったので、

妻が事前に釣りを計算していました。

案の定釣りが足りません・・・

 

 

 

『お釣りが間違ってますよ』と言うと

 

『すみません、すぐに戻って取ってきます』と立ち去り

 
待つこと2分

(※レストランまで往復5分はかかります)

お釣りを手渡されましたが、

やっぱりちょっと足りない・・・

(←100円くらいね)

 

 

 

 

『2分で戻ってきたって事は、

さてはお前ポケットに忍ばせてたな!!!』

と言ってやりたいものの

 

英会話力がとってもビミョーな

私たち夫婦にはそんなことは不可能なので

もういいよ! と帰しました。

 

 

 

 

 

これ、バリでは日常なんだそうです。

一言でいうと文化の違い・・・


お金を持つものが、

持たざる者に施すのが当たりまえ。

まあ、それを勝手な判断で

クスねちゃうあたりがすごいですけどね。

 

 

 

 

 

 

P1090320


こんな事もありました。

 

 

日本食を食べたくなったので、

おにぎりでも買いに行こうかなと

スーパーにいくための方法をコンシェルジュに相談しました。

 

 
『スーパーに行きたいのですが、
 ホテルのシャトルバスはスーパーの近くを通りますか?』

 


と、危なっかしい片言の英語で尋ねたところ

 

 

『ホテルのシャトルバスはスーパーには行きません。
 かといって道を走っている流しのタクシーも
 オススメできないので、友人に相談してあげますよ』


となにやら親切な対応が・・・

 

 

 

 

で、連れて行かれたのが

コンシェルジュと目と鼻の先のホテルのカウンター・・・

 

 

 
おいおい雲行きが怪しいぞ・・・

 

 

『彼女は私の友達です。彼女に相談してみましょう♪』

とご機嫌な笑顔で言われました。

 

 

 
で、自称コンシェルジュの友達の

ホテルロビーのお姉ちゃん、なんて言うのかな?

と待ち構えていると・・・

 

 
『このホテルのツアータクシーがオススメですよ♪案内します』

 


そう言って、これまたロビーと目と鼻の先にいる

タクシー配車のおっちゃんのところに連れて行かれました。

 

 

 

はい、とんだ茶番です。

 

 

『半日で4000円です♪』と

タクシー配車のおっちゃんが満面の笑顔で話しかけてきます。

 

 

 
うるさいわ!

こっちはスーパーにおにぎり買いに行きたいだけなんじゃボケ

 
と心の中で言い放ってその場を去りました。

 

 

 

 

 
まぁね、

一泊三人で3500円

朝食付き、プール付きの格安ホテルだから

それで良し、としときましょう・・・

P1090317

 

P1090325 

 

 

 
バリのホテル全部がこういうレベルではないですよ。

ウブドにあるリゾートホテルでは

こんなことは絶対にないですし、

 

空港近くの安いホテルでも

しっかりしているところもありました。

(←1泊三人素泊まりで2300円くらい。プール付き)

 

 

 

 

でもね、基本こんなことがまかり通るのがバリ流儀

 

 

 

もともと自然の恵みは多い島国のバリ

お金がなくても自給自足の生活が出来た国。

 

P1090707

 


豊かな者が、貧しい者を施す

ヒンンドゥーの教えが根付く信仰心豊かな民族

 

P1090424

 


のんびり暮らす民族です。そしてやっぱり今でも貧しい国です。

あくせく働く文化ではありません。

 

P1090328

 
 

P1090331

 

P1090330

 

楽してお金を得れれば(金持ちからお裾分け)

それでよし。

 


そのお金で家族が幸せになれたら

もっとよし。

 

 

 


バリ島に行かれたことの無いみなさん

お金の受け渡しは自己責任でしっかりやり取りしましょうね。
 

そして、多少のお釣りのごまかしは

そういうもんなんだと割り切っておきましょう。

-日本を世界を旅しよう
-