URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


2017/10/12

加古川市一戸建て白基調のデザインリフォーム完成しました こだわりの造作家具でスッキリ

ホワイト基調のデザインリフォーム インテリア実例     今回のリフォーム実例は、 ホワイト基調のデザインリフォームと 造作収納を活用したスッキリシンプな インテリアコーディネート実例です。     私が最も得意とする ホワイトベースのシンプルラグジュアリーテイスト     今回はより詳しくこだわりの造作収納をメインに ご紹介していきたいと思います。     まずはLDK ここは以前紹介していますのでさらっと写真のみ   F0   F1   F3       そして、ここからがこだわりの造作収納家具のご紹介 まずは写真をみてくださいね。   P1070632     ホワイトの大容量の造作収納家具です。 一見何の変哲もないシンプルでモダンな収納家具ですが、 実はここにたくさんのこだわりポイントがつまっています。 まずはbeforeの写真でチェックしてみましょう。     Before IMG 5818   写真のように比較的背の高い 取っ手付きのライトブラウンカラーの造作収納家具 TV台にするには背の高さが高い印象です。   TVの横にも・・・   IMG 5892     ケーブルTVと録画機器が無造作に配置されています。 配線もスッキリしません。 当然TVの後ろにも配線がこのとおり・・・     IMG 5893 2     当時収納家具をデザインした方は TVの録画機器を入れるという発想は無く ものが入ればいいと思われたんでしょうね・・・     そしてこの家具の右下横には・・・   IMG 5891 2     これなんだと思いますか? 正解は防犯カメラのレコーダー類です。 (ゲーム機器のWiiもありますね)   この機器がTVにつながって、 TVがモニター代わりになっています (←といっても何かあったときに確認する為のもの)     無垢の木で出来ている機器類が乗っている台は、 隣に増設した建物に行く為の出入り口用のステップ台。   しかも機器の配線は後ろの壁から 丸出し状態です・・・     IMG 5894       はい! 何度も言ってきたことですが この雑多な配線類が大キッライです! (←激しく嫌い)     なので、今回はここに配置する造作家具を 根本からデザインし直しました。   まず考えたのがソファーの配置 IMG 5818 1   一見、窓に視線が向かうので お部屋が広く感じられる理想的な配置に見えますが、 実は普段はカーテンは普段は閉めっぱなしなんです。     ご近所さんとの約束で、視線を感じさせないように 普段は透けないレースのシェードを閉め放しにしているとのこと。   だから、このインテリア配置は、 壁を見て暮らす お部屋が狭く感じる典型的なパターンなんです。     そこで、ソファーに座った時に お部屋が最も広く感じれるようなソファー配置を第一優先事項にしました。   なので、TVはこの造作家具の上には基本置きません。 将来的にモニター用のTVを置けるようにはします。   だからこの収納家具の役割は以下の5つ。 1、防犯カメラの録画モニターとレコーダー機器をスッキリしまう 2、隣の増設した建物に行く為のステップ台としての機能を設ける 3、LDKが雑多な印象にならないように普段使いの小物や本を大量に収納可能なこと 4、将来的にTVも観れるようにしておく 5、防犯カメラレコーダー周りの配線類をとにかくすっきりさせる       1台の造作家具の中に、 5つの機能を持たせるようにしたんです。   今回はリフォームの現場なので 造作家具の設置までにはいくつかのプロセスを経る必要があります。 STEP1:既存の家具の撤去&コンセントや配線取り出し口位置変更   IMG 6713   収納家具が撤去されすっきりしました。 このタイミングで電気屋さんに コンセントの位置や配線の一を変えてもらいました。 (←造作家具の中に仕込んでしまう為)       この間に工場で造作家具が製作されていきます。 お部屋にジャストフィットするオンリーワンの オーダーメイド家具です。   そして、壁紙を張り替えた後に いよいよ造作家具の設置取付です。   P1070045   レーザー水準器で水平を見ながら 工場で製作されたユニットを現地で組み立てていきます。   右上のボックス内にコンセントの穴が空いていますね。 造作家具の右下にも 防犯カメラ用の配線穴を低い位置に移設しました。       でようやく完成したのがこちら   After P1070632     はいすっきりこのとおり♪   しかも台輪という床につながる部分には 掃除機などをかけるときに便利なコンセントも用意しました。     収納家具の扉をちょっと開けてみましょうか?   P1070633 はいこんな感じで機器がすっきり収納されています。     F6   配線は後ろを通って 左隣の大容量の収納に繋がっています。     ちなみにこの防犯カメラの収納部分は バルコニーに繋がるドアへのステップ 踏み台の機能も兼ねています。       上段右側二つの扉内には録画機器も入れられるので 将来的にこちらにTV(防犯カメラ録画モニター)を 置いても すっきりシステムが構築できます。   P1070635     でも収納家具を目立たせるのって 私は嫌いなんですよね。     ここに沢山モノをしまってますよ〜 って宣言しているようなもんですよね。   だから私は基本収納家具は目立たせません。   すると、大容量の収納があっても こんなにお部屋がスッキリと見えるんです。   そんな視点でもう一度お部屋を見てみてください。   After P1070243     もう一度before見ておきましょうか IMG 5818 1     どうですか? 造作家具目立たせなくていいですよね?   で、もともとここにあったTVはどこに行ったかというと・・・ はい、ダイニングコーナーに移設です。     こちらも造作で、ダイニングテーブルに合わせて オーダーメイドで製作しました。     P1070251     そして、洗面所隣の家事室はこんな感じに F7 洗面所も合わせて モダンなデザインで作り直しました。 大容量の収納力はキープしています。   F8       さあ いかがでしたでしょうか? 今回はこだわりの造作家具をご紹介しました。     私の天敵の配線を封じ込め 多くの機能をさりげなく凝縮し シンプルでスッキリとした空間づくりに 一役買っているニクいヤツなんです。

-インテリアデザイナーのお仕事, デザインリフォーム・リノベーション実例, トータルインテリアコーディネート実例
-