URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


2017/05/06

私のお気に入り My Favorite Things  映画 『THE STING』スティング

126690718415216309130 sting bn1

 

 

さて今回は・・・

お気に入りの映画を紹介したいと思います。

 

 

 

それほど映画をたくさん見るわけではありませんが、

子供の頃、父親がレーザーディスクで

アカデミー賞受賞作品を中心に

往年の名作映画をコレクションしていたこともあり

 

 

それなりに、名作映画というものを

見る機会がありました。

 

 

 

 

 

 

まあ、映画は音楽と同じで

好みがはっきり分かれるものですので、

 

私が『いい映画だな』と思っても

他の人にとって、それが面白いかどうかは

本当に分かりません・・・ 

 

そんなことを承知の上で

あえて先に進みたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

この作品は誰が観ても間違いなく名作ちゃうの?

と思ってしまうほど衝撃を受けた作品が

 

『THE STING』スティング

 

という1973年のアメリカの映画

 

 

 

 

主演:ポール・ニューマン 

   ロバート・レッドフォード

 

 

 

1936年のシカゴが舞台の『詐欺師 VS ギャング』の

痛快な騙しあいの敵討ち映画です。

 

 

 

 

 

 

※ここからややネタバレ

 

 

 

中途半端な実力の詐欺師

ロバート・レッドフォード演じるフッカーは、

師匠のルーサーと組み、

詐欺(スリ)で生計を立てていました。

 

 

いつも通り2人で仕事をしようとカモをひっかけたところ、

そのカモは予期せずギャングが運営する組織のお金の運び屋だった。

(←その時点では2人はそのことを知りません)

 

 

だから手にした額もハンパない・・・

はいだからこの表情

 

Sting movie review johnny hooker luther coleman robert earl jones robert redford

 

 

 

 

師匠のルーサーはこの大仕事を機に、

もう詐欺を生計とする仕事師を辞めると

フッカーに打ち明けます。

 

 

 

中途半端な実力のフッカーにとっては

一人前の仕事師になりたいところ・・・

 

 

辞めないで欲しいと喰いつくフッカーに対して、

師匠のルーサーは、伝説的な仕事師の

『ヘンリー・ゴンドーフ』の連絡先を渡し

 

『これからは彼について学べばいい』と

 

アドバイスします・・・

 

 

 

 

 

しかし、

ギャング組織の金を騙し取ってしまったことで、

瞬く間に組織の恨みを買い、

その日の内に師匠のルーサーは殺されてしまいます。

 

 

 

 

 

 

その日で足を洗おうとしていた師匠の仇を取りたいと、

半人前のフッカーは、

生前のルーサーに紹介されたいた

伝説的な賭博師(詐欺師)ポール・ニューマン演ずる

ヘンリー・ゴンドーフを訪ねます・・・

 

 

伝説的な仕事師=まさかのデニムのオーバーオール姿・・・

しかも初対面のヘンリーは

二日酔いでグッダグダの状態・・・

 

『おいおい こいつが伝説的な仕事師なのか?・・・』

 

さすがに中途半端なフッカーも疑ってしまうほど

普通のおっさん・・・

 

 

226f209d4435669d8202f48a393bd9481e1484d5 96 2 9 2 

 

 

 

 

がしかし、ここからがさすが

伝説の仕事しの実力発揮です。

 

 

仲間を募り、

徐々にギャング組織のリーダーから、

大金をせしめて仇を討とうと、

大仕事を計画していきます。

 

 

 

まあ、それはそれは

痛快なお話が続いていくんですね。

 

 

仕事をするときは

キレキレな目つきのヘンリー・ゴンドーフ 

ポール・ニューマン かっこいいですね♪

 

 

20141007 sting

 

 

 

 

 

 

なんせ、仲間内でも

常に裏切りに目を光らせるギャング相手に

仇討ちを計画する訳ですから・・・

 

 

常に命を狙われている状況です。

ギャングに詐欺を仕込んでいく過程で・・・

 

 

どこまでが計画的なのか?

仲間内の裏切りが発覚したのか?

 

もうハラハラしっぱなしなんですね

 

 

 

騙す過程のストーリーが

本当に先が読めないんです・・・

 

 

 

 

 

 

最後はまさかの展開?!

 

いや、予定通り?!

まさかの仲間割れ?!

 

もしかしたら

こんな計画まで仕込んでいたの?

 

 

と・・・

一瞬訳が分からなくなりました・・・

 

 

 

 

 

 

 

こんな頭脳的な映画を1973年という時代に

作ってしまった ジョージ・ロイ・ヒル監督・・・

 

あなたは凄い!

 

 

 

 

 

 

冷静になって結末が分かると、

すぐにもう一度映画を観直して

再確認したくなる1本です。 

 

 

 

 

 

結末が分かっていても、

新鮮な気分で何回も観れてしまう映画なので

 

やっぱりこの映画は

名作なんじゃないかなぁ〜って思います。

 

 

 

 

 

 

この映画を知らない人でも

ある程度の年代の方なら

映画が始まってすぐに始まる主題歌を聞けば

 

 

『あっ! この音楽は知ってるぞ!』

 

 

と驚かれるはず♪

 

 

 

 

 

 

 

まだ観たことないあなた・・・

是非お盆休みにお家で涼みながら

ブルーレイやDVDでお楽しみください♪

 

 

 

『The Sting』 

第46回 アカデミー賞作品賞受賞作品(1973年)

2005年 アメリカ国立フィルム登録簿に新規登録

-My Favorite Things
-