URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


ミニマルカフェ♪ 充実した人生を送るための第2の柱 『パートナー・家族』

 IMG 5921

 

ミニマル・インテリアデザイナーの宮崎です。 

毎週水曜はなるべく自由に、

そしてゆるゆるな感じの話題をご紹介しております。

  

 

 

 

さて、先週に引き続き

私たち夫婦のメンターに教えていただいた

『充実した人生を送るための4つの柱』を

ご紹介していきたいと思います。

 





先週は充実した人生を送る為の第1の柱として、

”健康” というキーワードをご紹介いたしました。

 

これは、病気にならない工夫も含まれますし、

自動車事故や火事など、ちょっとした不注意で

人生を台無しにしてしまう事柄にも

しっかり注意をはらいましょうという内容でした。

 

 

 

 

 

そして今週は 充実した人生を送るため第2の柱・・・

 

第2の柱は『パートナー、家族』です。

 

 

 

 

事業で成功する人の多くが、

特にこの第2の柱のバランスを

崩してしまうそうなんです。

 



 

仕事を軌道に乗せたい・・・

仕事が忙しい・・・

仕事に夢中になってしまう・・・

出世して給料を上げたい・・・

事業の拡大が、生きがい やりがい・・・

 

 


 

すべてにおいて言えることなんですけど

何かに対してエネルギーを集中すればするほど

その対象の事象で成功する可能性って高くなりますよね。

 

スポーツも、習い事も、勉強も、もちろん仕事も・・・

 

 

だから、仕事に集中する人は

どうしても他の要素をないがしろにしてしまいがち・・・

 

第1の健康もしかり

(←忙しいと簡単にかき込めるような食事を摂りがち)

 

で、この第2の柱 

パートナーや子供、家族との時間もしかり

 

 


 

『仕事=稼ぐ ことは俺に任せろ・・・

だから、家のことは全部おまえに任せる』


なんて、

家庭の負担をパートナーに全部押しやって、

仕事に集中する・・・


今時でも多くないですか? このケース

(←私もややもすると結果的にこうなりがちです) 

 


 

 

で、今回メンターに

アドバイスをいただいたポイントとしては、 

 

・充実していない人生とは
 4本の柱のバランスを崩している状態

・バランスを崩すとは 
 ”犠牲にしている” という意味

・自分の喜びや成功という前に、
 一度パートナーや家族(子供)の犠牲について考えてみる

 

 こんな風にアドバイスいただいたんですね。


 

 



 

で、具体的に第2の柱のバランスを取るには、

以下の4つのワークをするようにアドバイスいただきました。

 

 

【充実した人生を送るための第2の柱 『パートナー・家族』に関する4つのワーク】 

□ワーク1:

パートナーの好きなこと、喜び、安心とは?

どんなことがありますか?
思いつくまますべてアウトプットしてください


□ワーク2:

子供の好きなこと、喜び、安心とは?  

すなわち子供の幸せにはどんなことがありますか?
思いつくまますべてアウトプットしてください


□ワーク3:

上記の質問を本人にも直接聞いて、確認する


□ワーク4:

ワークの結果の中から、要となる5つの要素を選び、

いつでも見れるように携帯などの待ち受けにする

(※パートナーと子どもそれぞれのベスト5を

  自分の携帯で見れるようにする)







 

家族の幸せとは何か?

妻にとっての幸せとは?

子どもにとっての幸せとは?

 

ここをしっかり明確にして、

一人よがりにならないように本人にも確認する。

  ↓

そしてその中から要となる5つのモノに赤線を引く。

  ↓

そしていつでも見返せるように

携帯の待ち受けにする・・・

 


そんなワークをしてみるよう、

アドバイスをもらったんですね。


 

 

 

 


どうして、ここまでするかと言うと・・・

それは簡単に、かつ一番容易に

『パートナーと家族』という柱のバランスが

崩れるからなんだそうです。

 

 

なので、充実した人生を送るには

パートナーや子どもを含めた家族の幸せに

意識を払う必要があるのだとか・・・

 

 

 

 

 

ここの第2の柱は、

私にとっても課題が残るポイント・・・

 

 

私も早速ワークをやってみて、

結果をiPhoneのホーム画面の背景に設定しました。

 

ちなみに、我が娘は3歳ですので、

まだ自分の意思で幸せなことや喜び、安心とは?

なんて主張できませんので、

親である私と妻とでイメージして導き出しました。

 

参考までに以下のような感じです。

 

 

【我が子の幸せ、喜び、安心とは?】

・家族3人でお出かけをすること

・親と一緒に何かをすること (一緒に遊ぶ、一緒に本を読む 一緒に映画を見る) 

・おいしい物を食べる(特にお肉、アイスクリーム、うどんetc・・・)

・新しい刺激に触れる(安心と感じたもの)

・自然と触れる

・褒めてもらう

・両親が落ち着いていること

・歌を歌うこと

・両親が穏やかで仲がいいこと

 

こんな感じでイメージしました

参考になりましたか?

 

 

 

 

 

 

 

皆さんにとって、パートナーや子どもを含めた

家族にとっての幸せや安心って何でしょうか?

良かったら是非ワークをして確認してみてくださいね。



 



さて、来週は第3の柱のご紹介です。

この第3の柱は、今回ご紹介した第2の柱と同じように

いとも簡単に犠牲となってしまうポイント・・・

 

 

でも、工夫して実践すると

第2の柱と組み合わせて共存が可能になるんです♪

 

 



そして・・・

 

実は仕事で成功する為には欠かせない

潤滑油のような存在でもあるのが

この第3の柱・・・

 

 

 

 

この柱も私の課題の一つです・・・

 

 

次週もおたのしみに♪ 

-お片付けノート, ミニマル Cafe♪ 徒然日記
-,