URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


2017/05/19

LESS IS MORE 世界のミニマル建築を訪ねて 長〜いミニマル建築  小川晋一 150m house

Stringio 26

 

ミニマル・インテリアデザイナーの宮﨑です
    

LESS IS MORE 庭屋一如

世界のミニマル建築を訪ねて

      
毎週月曜日は、私が大好きなミニマル建築や、

ミニマルなインテリアの実例を

世界中から集めてご紹介しております。 

 

 

 

 

今回は再び登場(←今回で3回目)

日本のミニマルの巨匠・・・

 

小川 晋一さん

 

 

 

小川さんが、タイのカオヤイに建築した

週末を楽しむ別荘が、

なっかなかの ラグジュアリー ぷりなんです。 

 

 

 

 

 

 

 

何がラグジュアリーなのか?

 

 

それは・・・ 

建物の全長が150mもあること。

 

150mですよ(愕)

 

 

 

 

 

 

ちょっと離れて確認してみましょう

 

Stringio 17

 

 

はい 、

家というよりはもはや施設(←ホテル)です

 

 

Stringio 38

 

 

 

こちらの建物は、日本ではなくタイにありまして、

"150m Weekend House” と言う作品名からも

お察しのとおり・・・別荘です。

 

別荘の長さが150m・・・

 

このオーナーさんの本当のご自宅の規模が気になります。

 

Stringio 37

 

 

立面図、平面図を見ていただくと分かりますが

1Fの居室の上(←2Fと言うより屋根部分)

には 長〜い プールもあります。

 

 

全長150mですから、40m程度はありそうですね。

立たずに向こう岸まで泳げますか? 

 

 

Stringio 23

 

Stringio 22

 

 

 

 

 

各お部屋は渡り廊下で繋がっています。

そして屋内から他の部屋には移動出来ません。

 

以前紹介させていただいた

安藤忠雄さんの原点

 

住吉の長屋

 

も、各お部屋への移動は

一旦外に出る必要がありましたね。

 

 

 

今回のケースでは部屋同士は隣り合わせですが、

ある意味『離れ』になっています。

 

 

 

 

 

長く張り出したひさしのある渡り廊下

 

 

庇があることで、

機能的には雨よけ日よけとして機能しますし。

 

意匠的には

ひさしで眺望が切り取られることで、

眺望の美しさがより一層引き立てられます。

 

 

 

素晴らしい眺望ですね

 

 

Stringio 26

 

 

 

 

建物反対側の廊下には

眺望を犠牲にしないように配慮された

フレームの無いガラスの塀が設けられています。

 

 

Stringio 2

 

 

酔っ払っていたら気づかずにぶつかってしまいそうですが、

夜は照明が反射してガラスの存在が目立つように工夫されています。

 

 

 

Stringio 15

 

 

 

 

 

 

ゲストルーム内からの眺望はこんな感じ

まさにモダンなリゾートホテルそのもの

 

Stringio 12 

 

Stringio 13

 

 

 

 

 

 

LDKは2F分の高さを吹き抜けにしてますので、

かなりの開放感がありますね

 

Stringio 24

 

Stringio 40

 

Stringio 5

 

暖炉もミニマルですね〜

 

 

 

Stringio 4

 

 

このダイニングコーナーには

晩餐会が出来そうなダイングテーブルが・・・

 

床がコンクリート打ちっぱなしのようですので

冷たい印象も否めませんが

このあたりは施主様の意向なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

トイレやシャワーブースからはこんな眺望が臨めます

 

トイレの時間・・・

長くなりそうですね

 

Stringio 21

 

 

  

 

 

 

ミニマルな空間には、照明による演出が欠かせませんが

こちらの建物でも照明による演出が施されています。

 

Stringio 9

 

Stringio 11

 

Stringio 14

 

Stringio 35

 

Stringio 30

 

Stringio 31

 

 

 

写真では・・・ 

ゲストルームの照明の色がちょっと気になりますね

 

お部屋の白色を引き立てるために

白っぽく写真そのものを編集している可能性も高いですが

間接照明は2700k(ケルビン)程度の電球色が

一番落ち着くと思います。

 

 

 

 

Stringio 33

 

Stringio 29

 

Stringio 6

 

 

 

やはりミニマルな建築(インテリア)には

 

・眺望もしくはお庭、自然を感じる要素

・照明、間接照明

 

この2点が合わさって

初めてミニマルの良さが引き出されますね。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは完全に離れになっている居室

やはりゲストルームでしょうか?

 

こう見ると間接照明はしっかり電球色でした

 

Stringio 25

 

Stringio 27

 

 

 

 

 

 

 

さあ、いかがでしたでしょうか?

長さ150mのミニマルな WEEKEND HOUSE

 

 

 

 

週末に皆で集まって・・・

 

”競泳メドレーリレー” するも良し

(←目的間違ってるね)

 

渡り廊下で ”110mハードル” するも良し

(←絶対やらないね)

 

昼からのんびりお酒でも飲みながら語らうも良し

(←やっぱこれだね♪)

 

 

 

 

 

今週も週頭から良いものを見せていただきました。

今週もごちそうさまでした♪

 

 

 

 

 Shinichi Ogawa

 

小川晋一都市建築設計事務所

広島オフィス
733-0842 広島市西区井口5-33-18
tel : 082 278 7099 fax : 082 278 7107 e-mail : info@shinichiogawa.com

 

東京オフィス
160-0023 東京都新宿区西新宿6-15-1 セントラルパークタワー2911
tel : 03 5323 2011 fax :03 5323 2033 e-mail : tokyo@shinichiogawa.com

-世界のミニマル建築
-