URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


シンプルインテリアアイデア  ネット機器の配線、電化製品の配線スッキリ化裏技

P1060914

 

ミニマル・インテリアデザイナーの宮崎です。

 

シンプルライフの為のインテリアのアイデア

『シンプルインテリアアイデア』を

毎週木曜日にお送りしていきたいと思います。 

 

 

今週は、何かとごちゃつくコンセント周りの配線を

すっきりさせる裏技のご紹介♪

 

 

これまでも事あるごとく、

この家電製品にまつわる配線のごちゃつきが

大嫌いな事を打ち明けてきました。

 

 

と、同時に・・・

どうやったらごちゃごちゃの配線を

いかにシンプルに、

その存在を消す消す事ができるのかを

ライフワークの一つとして探求してまりました。

(←大げさな感じですけど真実です)

 

 

 

 

 

まずは皆さんに質問です

下の写真を見て、この場所に幾つの電化製品
(主にインターネットに関わる電化製品) が

あると思いますか?

 

 

P1060915

 

 

 

 

見えにくいので近づきます

キャビネットの上の写真はこちら

 

P1060914

 

見える限り数えると・・・

1、アンプ内蔵のタイムドメインスピーカー

2、Appleの無線LAN(縦長)

3、スピーカーを無線化するAppleの無線LAN(薄型)

 

合計3つですよね・・・ 

でも正解は・・・  7つです

 

 

 

んっ? どこにそんなものがあんの?

って思いますよね。

 

 

ちなみに、このお部屋(私の書斎)
のインターネット環境は以下の通り

 

 

1、eo光関連機器 

①インターネット 用モデム×1台

②光電話用モデム×1台

 

2、無線LAN機器

③ネットを無線化する端末×1台 

④スピーカーを無線化するための端末×1台

 

3、スピーカー

⑤アンプ内蔵タイムドメインスピーカー

 

4、バックアップ兼ネットワークサーバー機器

⑥NAS×1 台

 

5、NAS用冷却ファン

⑦USB接続小型FAN(←これはコンセント不要)

 

6、プリンター機器

⑧無線LAN接続プリンター

 

7、FAX付き固定電話複合機器

⑨複合機

 

 

以上の9台ありまして、

5番までの7台の電気機器が

先ほどのキャビネットに集中しています。

 

 

コンセントにつなぐ必要がある機器は6台ですので

コンセントが6つも必要ということ・・・

普通ならかなりの配線のごちゃつきは避けれませんよね。 

 

 

 

ではもう一度写真を見てみましょう・・・

 

P1060909  1

 

 

どうですかこのスッキリ感♪

これぞミニマル兄さんたらしめている

こだわりのシンプルな仕上がり。

 

 

Simple&Styleで行っている

インテリアのコーディネートでも

必ず行うこだわりのポイントがここなんです。

 

 

 

 

ちなみに、先ほどの写真のお部屋・・・

築23年の何の変哲もない一戸建てのお部屋でした。

 

そのお部屋を大掛かりな工事なしで

ミニマル流プチリフォームしたんですね。

 

 

 

そのあたりも踏まえてのbeforeの写真がこちら

 

P1050787

 

はい出ました、普通のお部屋

 

FAX複合機も見えます(電話線も丸見えですね)

配線も・・・かなり気になりますね

 

 

キャビネットの上には青い目玉のNASがありますね。

スピーカーはこの写真には映っていないですね。

この時は別の場所に置いています。

 

 

 

よく見ると配線をスッキリさせる

配線ボックスがキャビネットの足元に見えます。

近づいてみましょう。

 

 

 

 

P1060156

 

 

ハイハイありがちな風景ですね。

インターネットのモデムが2台・・・

ACアダプターなどはこのコンセントボックスで

とりあえずスッキリさせてる状況です。

 

 

 

 

 

普通は、このレベルで終わってしまうと思うんですけど

 

しつこいですがもう一度Afterの写真がこちら

P1060909

 

 

はいどうですか? このスッキリ感

コンセントボックスすら見当たりません・・・

 

 

 

で、

どうやってこんな風にスッキリさせているのか?・・・

知りたいですよね♪

 

 

 

実はかなり多くのテクニックを使っていますので

来週から詳しく実践テクニックを一つづつ紹介していきます。

おさらいを兼ねて数回に分けてご紹介しますので

以前の投稿を知らない方でも参考にしていただけると思います。

 

私のインテリアコーディネートの見えない部分の

こだわりを知っていただけるのではないでしょうか。

 

 

 

 

今までも紹介してきているテクニックも含まれますが

統合させ組み合わせることで、

ここまでスッキリさせることができるんです。

 

 

それでは来週の投稿楽しみにしていてください。

-シンプルインテリアレシピ
-