URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


2018/11/14

シンプルインテリアアイデア 私がシンプルな白いインテリア空間が好きな理由

P1030325 2

 

インテリアと言っても世の中には様々なテイストがあり、

どれが一番なんていう優劣はありません。

 

 

ただ私の中で、『シンプルライフ+シンプルなインテリア』

そんな組み合わせが大好きということもあって、

シンプルライフの為のシンプルインテリア空間を提供する

お仕事をさせていただいています。

 

 

と言っても

私は建築家ではありませんし、

インテリアデザイナーですが

ただのインテリアコーディネーターでもありません。

 

 

照明のデザイナーでもありますが

照明専門でもありませんし、

風水鑑定をする風水師でもありますが、

風水専門でもありません。

 

 

整理収納デザインや整理収納アドバイスも当然行いますが、

整理収納アドバイザー専門でもありません。

 

 

シンプルライフを生きる人間ですが

シンプルライフだけを提唱するライフスタイリストでもありません。

 

 

 

 

では私は一体何者なのか?

 

 

短い言葉で表せば

『シンプルライフの為の空間プロデューサー』です。

シンプル空間の秋元康、つんく といったところでしょうか?

 

 

 

 

シンプルライフって

何かと制限があるように感じませんか?

 

 

少ないもので生活するって自由じゃない気がするし

モノを手放すって不自由だし、がんじがらめな気がする・・・

 

 

でも真実はその逆なんです。

シンプル=あらゆる可能性を残しておける状態

だと私は感じています。

 

 

 

例えで言えばまずは白い空間。

 

私のプロデュースする空間で

最初にやることが色を減らすこと。

具体的にはニュートラルな白い空間を作ることから始めます。

 

ホワイトインテリア

 

 

 

 

なぜ白いニュートラルな空間にするのか? それは、

 

『白い空間自体にはテイストがないので、どんなテイストのインテリアでも置くことができるから』

 

 

 

ちょっと言葉だけで表現しても

伝わりにくいかもしれませんが・・・

 

 

白い空間にアンティークの和家具を揃えても

モダンな白空間に家具自体が引き立ててもらえて、

それはそれはスタイリッシュな和の空間が演出できます。

 

和家具 インテリア

 

 

 

白い空間にクラッシックスタイルの

ブラウンカラーの家具を揃えても、

重厚になりすぎず、クラシカルなのに明るくて

開放的なインテリア空間に仕上げることができます。

 

クラシカルなインテリアを軽やかにコーディネート

 

ホワイト基調の空間にクラシカルな家具

 

 

 

白い空間に北欧のナチュラル家具を揃えても、

ナチュラル過ぎず、適度なシンプルな空気感があって

すっきりした印象になります。

 

シンプル 北欧 ナチュラルインテリア実例

 

 

 

 

白という色は、すべての光のスペクトルを反射する状態。

 

光の話で言えば、

7色の虹色が混ざり合うと透明になるのですが、

その透明の色を反射する色が白なんです。

 

 

青い光を反射する色が青色

赤い色を反射する色が赤色

光を反射しない色が黒です。

 

 

その透明の色は、実は『何もない色』ではなくて

すべてのスペクトル(光)がミックスされた

『何でもあり』の色なんですね。

 

 

だから光の世界で言えば、

白(透明)は何もないではなくて何でもありの世界。

 

 

 

 

白色は唯一、どんなテイストでも、

どんな色のインテリア家具を置いても調和する色だと

私は思っています。

 

アジアンリーゾートスタイルインテリア実例

 

ワンルーム ホワイトインテリアコーディネート実例

 

ホワイト基調のリフォーム実例

 

シックモダンインテリア実例

 

P1070604

 

一戸建てデザインリフォームリノベーション

 

 

シンプルライフとは、

何でもありという可能性を残しておく生き方。

 

だからガチガチに揃えない

だからモノ少なくして空間(虚)を残しておく

だから生き方の選択肢が増える

常に遊びがある状態

 

 

 

人生の中で、今この瞬間は モダンが好きだとしても、

今という瞬間瞬間を積み重ね続けた先( ≒ 未来)の自分が

その時にモダンが好きとは限らない・・・

 

 

 

でも白い空間は白いキャンバスと同じで

いつだって何でも自由に描けるんです。

 

緑や自然の風景が活きてくるホワイトのインテリア

 

 

 

 

 

私はいわゆるミニマリストではありませんが

心地良い暮らしを犠牲にしない程度に

持ち物は限りなく少なくしています。

 

 

持ち物が少ないからこそ

自分の持ち物は大好きなモノで囲むようにしています。

 

 

最初から大好きなモノだけで暮らすことは

経済的にも難しいかもしれませんが、

今できる範囲で

最善のものを選択しているつもりです。

 

 

 

そして経済状況の変化で

お気に入りのアイテムも変化させていくのが

自然な流れなんじゃないかな?なんて思っています。

 

 

 

オーダーで製作した一生もののアイテムもあれば

100円均一で買った虫ピンもある

 

結婚記念日は、

ちょっと贅沢に美味しいレストランでゆったり食事をする。

 

でも普段は近所の美味しいたこ焼きや

お味噌汁と五分づきの炊き立てご飯に手作りのお漬け物も素敵ですよね。

 

 

 

美味しいスコーンのお店で紅茶を飲むのも素敵ですし

お家でお気に入りのハーブティーを飲むのも素敵です。

 

より多くの選択肢を心地よく楽しめる

そんな生き方こそ自由な感じがしませんか?

 

 

  私が無意識にシンプルライフにこだわっているのは

あらゆる可能性を残せる何でもありの世界(≒自由)

が好きなのかもしれません。

 

そんな何でもありの象徴が、実は透明の光で

色としては白色なんです。

 

 

そして味付けのないニュートラルでシンプルな空間が好きなのも

その空間にはあらゆる可能性が秘められているから。

 

ファンズワース邸

 

 

シンプルインテリア専門 神戸・大阪・北摂インテリアコーディネートのSimple&Style 

-インテリアデザイナーのお仕事, シンプルインテリアレシピ, デザインリフォーム・リノベーション実例, トータルインテリアコーディネート実例, ミニマル Cafe♪ 徒然日記, 世界のミニマル建築
-