URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


シンプルインテリアレシピ 築23年のお部屋のシンプル&ミニマルコーディネート 現状分析

P1050905 
 
ミニマル・インテリアデザイナーの宮﨑です。
 
いよいよ今週から、築23年の普通のお部屋を
ホワイトを基調としたミニマルでシンプルなお部屋に
変えてしまうプロジェクトを開始いたします。
 
 

これが現状のお部屋


P1050793

完成イメージは、ぼんやりですが頭の中にあります♪



これまでご紹介してきたシンプルインテリアレシピを組みわせ
集大成にしたいと思います。
 
 
 
1、3色ルール
室内で使用する色を3色以内にする。
今回は私ミニマル・インテリアデザイナーですので
2色でいきたいと思います。
  
  
STEP1:床、巾木、天井見切りの周り縁、窓枠、建具・・・
  
ここに使用されているライトブラウンカラーを
ホワイトに(オフホワイト含む)変えてしましいます。
 
 
STEP2:壁紙
花柄の壁紙ももちろん、ホワイト系の無地に変える
(今回は塗り壁調の表情のある厚手タイプを検討中)


このステップでお部屋は1色だけになります。
 
STEP3:照明・間接照明 
そこに照明で表情をつけていく
(※今回は壁紙を変えるので、ダウンライトを新設予定)

そして最後に・・・

STEP4:
必要最低限のインテリア家具を配置し、
アートとグリーンで華を添える♪
(ピアノも大胆に置き場所を変更します)
当然風水を考慮したインテリア配置にします


これで完成♪
 
 
 
  
 
  
なのですが・・・ 
ただ問題は、どうやってそのイメージに
現状を近づけていくかということ。
  
  
  
 
その為に大切のなのがスタート地点の確認
 
つまり・・・
現状を確認することからスタートしたいと思います。
 
  
  
  
  
 
お部屋の大きさは8畳です。
1.5畳の大きなクローゼットがあるので、
実質6畳半のスペース。
  
クローゼットの建具はライトブラウンカラー
 
P1050926
 
何とも古めかしい取っ手が付いています
合計6枚の折れ戸になっています。
  
 
 
入り口のドアも
 
P1050928
 
同じくライトブラウン
 
P1050905
 
こちらのドアノブも古めかしいですね・・・
  
  
  
まずはこの建具(ドア)をどうするか?
  
  
  
ミニマルな印象にするには、
建具の色は基本ホワイト系にして
壁紙も同じくホワイト系にします。
  
  
  
  
ドアノブを、
スタイリッシュで新しいものに交換可能なら
ドアにダイノックシートを貼ることも可能かもしれません。
(※カッティングシートの類です)
  
  
  
ということで、
ドアの取っ手を外してみます。
  
  
 
P1050910
  
  
P1050912
  
  
P1050913
  
  
ドアノブを外すと、
様々な穴が空いていることが分かりますね。
  
  
  
この穴の位置を変えずにドアノブが交換できればいいのですが、
この穴に適合するモダンなスタイリッシュなものは無さそうです・・・
  
  
ということは、穴を埋めて
新しいドアノブに合わせて穴を開けなおす必要がある・・・
  
その後に、ドアにシートを貼る・・・
  
  
これは結構面倒な作業です・・・
 
 
 
 
 
であれば予算的にも
ドア扉そのものを交換するのも良いかもしれません。
  
 
ただし、一般的なドアメーカーのものは、
ドア本体とドア枠とがセットになっています。
 
とうことは、壁をいじって古いドア枠を解体し
新しいドア枠を付け直すという
大掛かりな工事が必要になってしまいます。
  
  
  
であれば、
1、ドアだけ造作で製作する
2、ドア枠をダイノックシートで張り替える
 
この方法が最も簡単な方法です。
  
  
  
  
でも、どれが一番工事費が安いのでしょうか?
 
 
パターン1、
ドアノブや蝶番を新しいものに交換し、既存の穴を補修する。
ドアとドア枠をダイノックシートで貼りなおす
 
パターン2、
壁を一部壊して既設のドアとドア枠を外す。
その後ドアメーカーのドア枠とドアを取り付ける
 
パターン3、
既設ドア枠をダイノックシートで貼りなおす。
気に入ったドアノブと蝶番を使用し造作で新しいドアを製作する 
 
パターン4、
ドアを外し、ドア枠も外してフラットカーテンにしてしまう(←大胆) 
  
  
考えてもしょうがないので、
上記のパターンを早速見積を取ってみたいと思います。
   
  
  
  
ドアだけでもこの調子ですから、
現状分析&インテリアプランの完成までは
少し時間がかかりそうですね。  
  
  
  
投入する金額と、仕上がりとの費用対効果が
最も優れたパターンを見出していきたいと思います。 
  

-シンプルインテリアレシピ
-