URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


シンプルインテリアレシピ 配線のスッキリ化にこだわる理由

DSCF1265


私が住まいの内装やインテリアで
特にこだわるポイントが配線です。


このことは繰り返し
お話していますよね。
 
 
 
 
  
住まいには必ず電化製品がある訳で
電化製品が増えれば増えるだけ
配線類もごちゃごちゃになってしまいますよね。
  
特にごちゃごちゃになるのが、
インターネット関連が集まる箇所。
 
ネットルーター、無線LAN、IP電話のモデム
PCの電源、LANケーブル、電話線、ACアダプター・・・
 
 
 
 
 
ああ・・・
 
文字に起こしただけでも
嫌になります・・・

 
 
 

『住まいこそくつろげる空間に』
『住まいこそ住人をもてなしてくれる場所に』
『住まいをプライベートサロンのように』 

  
そんな ”おうちカフェ” ”おうちホテル”
をコンセプトにする私のコーディネートでは
間接照明も多用します。
 
 
 
 
だから、
どんなにお部屋をおしゃれにしても

配線類の ”ごちゃごちゃ感” があると
それだけで興醒めしてしまうんです。

せっかく整えた空間の良さが
打ち消されちゃうんですよね。
 
 
 
なので、
配線をスッキリさせる工夫は
私の中ではマストなプロセスなんですね。
  
  
 
 
 


家に帰ってくる際に、
最初におもてなしをしてくれる大切な場所。


それが玄関。

例えば玄関に置くコンソールテーブル。
私が好んで使用するテーブルは
隙間だらけのデザインのものが多いんです。
  
  
だから、写真のように
テーブルランプを置くと

 

あちゃ〜
 
配線がダラーんと丸見えです・・・

   

  
  
P1040029

 

これだと、
かなりがっかりしませんか? 

 

『ただいまー』って帰ってきて


一瞬は『おっしゃれー♪』って
喜べるとは思うんですけど・・・


その後配線に目がいき・・
残念な気持ちになるのは必至です。


 
 
 
 
 

で、なんとかしようと試みるものの、
普通のレベルだとせいぜい頑張って
こんな感じだと思うんですよね。


配線3


配線を束ねて、
気持ちすっきりさせました・・・

的な・・・
 
 
 
 
アップの写真はこちら
 

配線2



でもね、
このレベルだと嫌なんです。


私が目指すのは『おうちホテル』ですから♪
 
 




 
で、
こだわりの配線処理の結果がこちら



配線4


分かりやすいようにアップの写真

P1040452



どうですか?
このスッキリ感♪

完全に配線が見えていません。


これぞ『おうちホテル』ですね。
 
  
  
  
  
しかもこれ、玄関なんで、
いちいち手動でテーブルランプを
点灯したり消灯したりなんて
面倒くさいですよね。
 
 
 
だ・か・ら・・・
 
人を感知したら自動で点灯して、
決めた時間で勝手に消えるように
しています。
 
 
 
これなら、家に帰ってくると
自動で点灯して迎え入れてくれるので
 

まさに『おうちホテル』ですよね。

 
 
 
P1040351

 
 
 
 

 
こちらの玄関も同じ仕組みです。
配線もスッキリ♪

DSCF1265 

 

このような状態にするには、
照明の配線を加工する必要があるので
電気工事が必要になります。
  
    
それでもこれくらいスッキリさせると
”おもてなし”感がグッと上がるんです。

 

 

 

 

なんで自分はそんなに
配線にこだわるのだろうか?
 
ちょっと考えてみたんですが・・・
一つ思い当たるフシがあるんです。
  
  
  
  
  
それは
 
『電信柱と電線が大嫌い』ということ
  
  
  
  
子供の頃
父親が、海外出張で訪れた
ヨーロッパの街の風景を
写真で見せてもらった時
  
  
広い空、
統一感のある街並みに
心惹かれました
  
  
  
『なんて素敵な風景なんだろう』
  
  
  
  
その秘密は、
電信柱と電線が無いことなんですね。

電線が無いから
空や風景を邪魔するものがない。

この要素がとても大きく感じました。


  
  
5年前に訪れた、イタリアとフランス。
実際に訪れたその街の風景にも
電線や電信柱はありませんでした。
  
  
  
IMG 7966 
  
IMG 7612

   
IMG 8185
  
IMG 7619  
  
IMG 7507 

 

だから
街並みの美しさも引き立っていたんです。
 
 
 
 
 
 
もちろん日本にもそんな素敵な場所はあります。
  
新幹線の話題で注目されている
金沢市の東茶屋街もそう。

 
P1040075
 
 

京都市内の街並みにも
電信柱がない場所があります。
 
P1030726
 
 
美しいですね。
  
  
  
 
 
 
私にはいつか叶えたいなと思う
夢があります。


 
それは
モダンな白い箱(住まい)が立ち並ぶ
自然と調和した区画(街)を作ること。


そこには電線もなくて、
可能であればエネルギーも
自給できちゃうテクノロジーも兼ね備えている。


大好きなホワイトのミニマルな建築と
芝生が広がるシンプルで美しい街並み


Herning Art SHA 3771

そんな庭屋一如の街が作れたら幸せだなー 

って思います。
 
 
 
 

 
 
そんな想いが強いので
おうちの中も、
有線よりも無線が好きなんですね。
 
 
 
配線さざるを得ないなら、
すっきり配線を隠せる工夫をする。
 
 
コンセントも出来る限り
家具や家電製品、観葉植物で隠す。



そんなこだわりが特に強いのかもしれません。

-シンプルインテリアレシピ
-