URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


今週のシンプルインテリアレシピ  カーテン選びその2

名称未設定 0636

 
毎週土曜日はミニマルな印象を与える
インテリアコーディネートテクニックを
紹介しています。
 
 
今週は、先週に引き続き
無地のカーテンをセンス良くセレクトするコツを、
惜しげもなくご案内いたしちゃいます♪
  
  
ただし・・・
あくまでも私が無地のカーテンを選ぶ時に
大切にしているポイントですので、
正解とか不正解とかはありません。
 
あらかじめご了承くださいね♪
   
   
 
シンプルな無地のカーテンを選ぶからには、
無地だからこそこだわるポイントが私なりにあります。
  
    
    
それは・・・
  
1、光沢があって、種類の違う糸で織られた表情豊かな生地であること(シャンタン含む)
  
2、カーテン生地のタッセルは使わず、インテリア家具の雰囲気に合わせて別途タッセルを用意する
  
3、窓が小さい場合でも、可能であれば天井から床までカーテンを吊る
  
 
以上の3点です。
早速具体的なポイントを見ていきましょう。
   
 
  
  
□ポイント1:【選ぶべき生地】
 
いくらシンプルが好きと言っても
さすがに無地で光沢もない単色のカーテンでは
ただ安っぽいだけの印象になってしまいます・・・
 
大切なのは、
遠目で見たときに単色に見えても、
近くで見ると表情豊かなカーテン生地を
選ぶということ。
   
光沢があり、色や太さの違う糸で織られた
表情豊かな生地が特にオススメです。
  
光沢が嫌いな方は、かなりデコボコした
ざっくりした素材感の生地がオススメです。
 
カーテンは近くで目にするものではありません。
 
遠く離れたところから見て、
質感や素材感が素敵に感じられる無地タイプを
探してみてください。

カーテン 
 

 
  
□ポイント2:【タッセル】
 
既製品なりオーダーカーテンを作ると、
同じ生地でカーテンを束ねる為の『タッセル』
がもれなく付いてきます(共布タッセル)
  
でもこれを使ってはいけません。
 
必ず別でインテリアに似合いそうな
タッセルを選びましょう♪
 
カーテンがシンプルでも、
このタッセルで表情を出せば良いのです。
 
カーテン2   
 
 
   
□ポイント3:【天井から床まで】
 
窓のサイズに合わせて
カーテンをオーダーする方が多いですが、
別に窓のサイズに合わせる必要はありません。
 
夜になってしまえばカーテンを閉めてしまう訳ですし、
昼間カーテンを開けている時の姿も大切です。
 
施工上可能であればオススメは
窓のサイズに関係なく天井から床まで垂らすこと
 
 
最近のマンションは天井取り付けが主流です。
一戸建ての場合でも天井から床までを心がけてみましょう。
 
掃き出し窓、腰高窓両方とも床まで垂らすのが、
ミニマル・インテリアデザイナー流です。
 
 
2013 Modern Concept For Dining Room Curtain  
 
 
いかがでしたか?
インテリアコーディネーターなら当たり前に感じる内容ですが
こんなポイントに気を使うだけで無地のカーテン選びが
上質なスタイルに変身すると思います。
 
 
 
 
参考までに・・・
 
『世界のハイスタイルなインテリアを訪ねて』
と称して、ハイセンスなファッションデザイナーさんの
住まいをたくさん紹介してきました。
 
カーテンはどんなスタイルのものを
どんな長さで吊っているか確認してみてください。
 
 
 
びっくりするような事実に気づくと思います♪
気づかれた方はコメントお待ちしています。

-シンプルインテリアレシピ
-