URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


持たない暮らし ミニマムライフのお片付けノート 〜パンツを見直す〜

 

P1020866

 

 

毎週淡々と

自分の所有物や

自分の価値観を見直す 

 

シンプルライフ、

ミニマムライフの為のお片付けノート

 

『ライフクリアリング』と称して、 

自分に関するすべてを見直していきたいと思います。

 

 

 

先週は娘の幼稚園を決める

『教育観』の見直しでしたので、 

今週は『持ち物の見直し』

 

 

先月から衣類の見直しを進めています。 

 

靴 → 靴下 → とくれば

『パンツ』(ズボン)ですね。 

 

ここはスムースにこの流れで

進めていきたいと思います。

 

 

 

パンツと言っても、

今回の見直しは ”お出かけ用のパンツ” の見直し。 

 

リラックスウェア(←いわゆる室内着)

にもパンツ類があります。

 

 

一緒に合わせて

一気に進めてしまっても良いのですが、

 各カテゴリーに分けて少しづつ見直す方が、 

負担も少ないですし、

とても気軽に見直せるので 

 

ここは、ゆっくり丁寧に、

少しづつ進めていきたいと思います。

 

 

 

早速お出かけ用のパンツ類を

並べてみました。 

 

春夏、秋冬含めてこれが全てです。

 

 

 

ブラックのノータック綿パンツ × 1枚 

ギンガムチェックのウールパンツ × 1枚 

ホワイトデニムパンツ(←普段のユニフォーム)×3枚 

デニムジーンズ × 1枚

 

アイテム自体は4アイテムですが、

枚数では全部で6枚保有しています。

 

 

 

ホワイトデニムは私にとっての仕事着でもあり、 

普段ヘビーユースするユニフォーム。 

 

汚れやすく、たて感

(←おろしたての新品な感じ)が 

すぐに無くなってしまうので、 

 

洗い替え用含めて

常に合計3枚保有しています。

 

 

2枚を交互に履いて、残りの1枚はストック。 

1枚がいよいよ汚れてきて 

”たて感” がなくなってきたら、 

ストックをおろすイメージです。

 

 

ブラックの綿パンツは、

少しフォーマルなイメージの打ち合わせや、 

家具の納品セッティング時に履くアイテム。

 

普段あまり履かないのですが、 

汚れが目立ちにくいので必要なアイテムです。

 ※ホコリが付きやすいのが難点です 

 ← 何か良い方法ないでしょうか?

 

 

ギンガムチェックのウールパンツは、 

これからの季節に役立つややフォーマルなアイテム。 

オンオフ含めて今後出番が増えてきます。

 

 

残りがデニムジーンズ。 

ヨーロッパ企画のリーバイスです。 

今年で購入してから4年目になります。 

とうとうベルトループが取れてしまいました。

P1020867

 

 

実はこのデニム、
もともと膝部分にダメージ加工がしてあって
脱ぎ履きを繰り返しているうちに
ほつれに足がひっかりようになり
ぽっかり穴が開いてしまっていました。
 

Img1

 

昨年に新しいものに買い替えようと思ったのですが、 

結局気に入ったものが見つかりませんでした。

 

そこで色々調べてみると、

穴の復元をする ユニークな

リペアサービスを見つけたのです。

 

 

いろいろな業者を比較して、

大阪の業者に依頼し 

下の写真のように仕上がって戻ってきました。

P1020870

 

 

これ凄くないですか? 

 

遠目では膝に穴が空いていたなんて

気づきませんよね。 

 

デニムを裏返してみるとこんな感じで

穴を塞いでいます。

P1020869

 

それにしても日本人の職人気質ってすごいですね。

なるべく自然な形で気付かれないように補修する技術。

膝の部分をアップしてみます。

 P1020868


何度見ても、

元々ぽっかりと穴が空いていたなんて 

言われないと気づかないのではないでしょうか?

 

 

今回のパンツ類の見直しでは、 

これ以上アイテム数を少なくするのは

今のところ難しいと判断しました。

 

 

今回の見直しは

お気に入りのデニムのメンテナンスで決定です。 

-お片付けノート
-,