URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


持たない暮らし シンプルライフのお片付けノート お金について ~お金について~

P1030281


淡々と自分の所有物や自分の価値観を見直す
シンプルライフ、ミニマムライフの為のお片付けノート

『ライフクリアリング』と称して、
自分に関するすべてを見直していきたいと思います。

 
 
 

今週はかなりガツンとくるテーマです。
それは『お金』について
 
仕事よりも大きなテーマですし、
お金に関して専門的に学ぶ
機会は少なかったのではないでしょうか?
  
 

 
私たちの大半は生活の為に、
お金を得る為に、
仕事をしています。
 
親がお金に対して持っている価値観が、
子どもの私たちに無意識に引き継がれ、
そのまた我が子に引き継がれます。
 
 
善意のお金で人を助ける事が出来、
悪意で人のお金を奪う事も出来ます。
 
お金にまつわる感動的な出来事もあります。
東日本大震災の際に、
世界中から届けられた義援金もそう。
難病の子どもを寄付で救ったり、
海外に学校を作る為に寄付をする。
 
 
 
 

一方でお金にまつわる悲惨な出来事もあります。

殺人事件、盗難がそれ。
仲の良かった兄弟が
遺産の相続で不仲になる。
出世への妬みなどなど・・・
 
 
 
 
私もお金に関しては様々な感情がありました。
それだけお金に関して学ぶ機会も少なく、
よく理解できていなかったということです。
 
独立してからようやく
お金について勉強するようになりました。
(←せざるを得ない状況)
 
 
でもお金っていくら知識として学んでも、
例え頭の中に情報として蓄積しても、
現実の世界は劇的に変わらないような気がしませんか? 
 
 
 
  

独立してからというもの、
自分自身、お金に関して悩む時期が多くありました。
 
そんな時、妻のメンターに
お金についていろいろと相談してきました。 
 
特に、資金繰りが厳しかった時は、
精神的にも追い詰められましたし、
リラックスした状態で
お金と相対することができない状態でした。
 
 
 
 

今日はその時にもらった一部のアドバイスを
シェアさせていただきます。

 
Question:
お金とフラットにリラックスして相対するには?
どのような行動が必要でしょうか?

Answer:
「イカリ」は、引っ張るから抜けるのです。
つまり、『あなた × お金』は
今この状態MAX近くなっています。
この混乱がそうですね。

ですから私はあなたの混乱が好きです。
大歓迎していたわけです。

「イカリ」つまり問題はつっぱって初めて抜けるからです。

とりあえずどうにか生活出来ているサラリーマンなら、
「イカリ」をつなぐロープはたるんだまま。

たとえお金に対し多少のストレスは感じていても
「イカリ」が抜けることはありません。

ですからそういった人は、
緩くじわじわとストレスを感じながら大きなストレス、
混乱もないまま過ごしていくことでしょう。

この「イカリ」はつっぱらないと抜けない。
つまり自立してから、
しかも本格的にビジネスや投資、
お金と相対そうとして苦しく混乱を感じる。

このつっぱりを創るのに5年程要した訳です。

どんどん混乱し苦しんでください。
その分抜けるのも早いと言えます。

 
 
 

 
←これ決して、
サラリーマンと独立自営業者、
会社経営者との優越を比較している
内容ではありません。
  
私も11年サラリーマンでした。
  
  
ひとつ言えることは、
自営業者や会社経営者は、
お金と相対する機会が
サラリーマンと比べて
比較にならないほど大きいということ。
 
 
 
 
そして、お金で苦しむことは、
決して悪いことではないということ。
 
お風呂のお湯を捨てるのには、
お風呂の栓を抜く必要があります。
 
栓を抜くためには鎖を引っ張る必要があります。
鎖がゆるいままでは栓を抜くことができません。
 
だから精神的にいっぱいいっぱいの
鎖が伸びきっている状況の方が
栓は抜けやすいということ。
(←問題の解決に近づくという意味)
 
 
お金で悩むことはデメリットだけでは
ということなんですね。
  
 
   
『お金』に関しては、とても大きなテーマなので
今後も機会を設けて見直していきたいと思います。
 
 
次会のお金に関する見直しは、
具体的にお金に対してフラットに付き合うには?
お金の器を広げるにはどうしたら良いか?
そんな疑問をメンターにアドバイスしてもらった内容を
シェアさせていただきたいと思います。

-お片付けノート
-, ,