URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


ミニマルライフだからこそ 日本を世界を旅しよう 〜秋の京都で紅葉狩り〜

円光寺2

シンプルな暮らしだからこそ、 気軽に旅を楽しみたいものですね♪ 今は紅葉を楽しむのには絶好の機会 紅葉を楽しめる素敵な場所をご紹介します。

今回ご紹介するのは『京都』 やはり秋といえば京都ではないでしょうか?     実は今日ご紹介する紅葉スポット、 掲載するかどうか迷いました・・・     というのも、 この場所は地元京都にお住まいの方から 密かに教えていただいた紅葉スポット。

『あまり教えたくないのですが・・・』

という前置きがあったのも事実。        混雑するとゆっくり楽しめなくなる・・・ だからこそ、あまり人には知られたくない・・・     そんな事情は十分理解しているつもりです・・・   でも、良いものほどシェアしたくなる私の性格・・・   ということで、掲載させていただきます。      今回はとびきりの 京都紅葉スポットですよ。    まずは圧巻の写真をどうそ♪

円光寺3

京都の洛北に位置する 瑞巌山 圓光寺

建物内から切り取られた見事な紅葉。 お庭に出て愛でる紅葉より 圧倒的な美しさを感じさせるのは 渡り廊下と庇が切り取る ピクチャーウィンドウならではのもの。   赤、橙、黄、緑と 様々な色の紅葉と常緑が織りなす ダイナミックな景色     床にゆっくりと座り 秋の気配をゆっくりと愛でる

なんとも言えない贅沢なひと時 もう余計な説明はいりませんね

円光寺4      円光寺7         円光寺6         円光寺10        円光寺0       圜光寺1         今週は、京都のとびきりの紅葉スポットをご紹介しました。 写真は今年の紅葉ではありませんが、 いつ訪れても美しい紅葉を見せてくれる お気に入りの紅葉スポットです。            秋の気配を感じにお出かけしてみませんか?               瑞巌山 圓光寺   慶長6年(1601)徳川家康が 国内教学の発展を図るため、 下野足利学校第九代学頭・ 三要元佶(閑室)禅師を招き、 伏見に圓光寺を建立し学校としました。      圓光寺学校が開かれると、 僧俗を問わず入学を許した。 また孔子家語・貞観政要など多くの書籍を刊行し、 これらの書物は伏見版または圓光寺版と称された。

当寺には、出版に使用された木活字が現存しており、 我国出版文化史上特筆すべき寺院。

その後、圓光寺には相国寺山内に移り、 さらに寛文7年(1667) 現在の一乗寺小谷町に移転されました。 (※瑞巌山 圓光寺ホームページより抜粋)

https://www.enkouji.jp/index.html

-日本を世界を旅しよう
-