URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


2017/03/15

シンプルライフを彩る 今週のリコメンドアイテム 〜アートを飾る〜

MC

ミニマルでシンプルな空間だからこそ、

感性を豊かにするアイテムと共に 暮らしに彩りをプラスしたいですよね。

 

今回のリコメンドアイテムは 壁に飾る『アート』

私たち夫婦のお気に入りは、

イギリス人の風景フォトグラファー

Michael Kenna(マイケル・ケンナ)さんの のモノクロ写真

 

  

 

妻がもともと大ファンで、 彼のサイトを初めて見た時、

その世界観に引きずり込まれました。

 

彼の手にかかれば原子力発電所の風景も、

アートになってしまいます。

 

まるで時間が止まっているかのような

静寂な風景なのにドラマを感じさせる世界

 

彼にしか出せないモノクロ写真の世界に

私も一目惚れしてしまいました。

 

 

Michael Kenna Ratcliffe Power Station Study 26

 

 

 

最初は海外のAmazonから

写真集を買って楽しんでいたのですが、

一生大切にできる本物のアートを手に入れたい!

と夫婦で感じるようになりました。

 

 

 

そして今から6年前

思い切って日本のエージェントにお願いし

手に入れものがこのアート写真です。

私たち夫婦が選んだのはNYの風景

 

IMG 1874

 

 

自然の風景が有名な彼の作品の中では

とても異質な作品

 

ピントが合っているのは、

雨で濡れた道路の足元の先1点だけ

 

 

全体的にピンボケた写真なのですが

私たち夫婦には魅力的に映ったのです。

 

 

そこには次のようなドラマを感じました。

私たちの人生はユニークでオンリーワン

他の誰でもない、

自分だけに与えられた 道が続いている

 

 

その歩みの少し先、

そこだけは、鮮やかにフォーカス出来る

 

 

この先、遠い未来の人生は、

今ここからははっきりと見ることはできない

 

 

だからといって、

もうぼやけてしまった 過去を生きるのもつまらない・・・

 

半歩先の人生なら、

いまここからデザイン出来る気がする。

ここからはっきり見えている

その一歩先を意識して生きていこう。

 

 

 

そんなストーリーをこの作品に感じたのです。

 

実際に私たち夫婦のところにやってきた

マイケルの作品は、

写真集で見るものとは 似て非なるものでした。

 

 

 

一流のアーティストが、

ファインダー越しに感じ取った世界が

ダイレクトに伝わってくるかのようです。

 

 

真のアートの素晴らしいところは、

価値が下がりにくいところ。

 

特にそのアーティストが一流であるほど

価値も時の経過とともに上がっていきます。

 

 

 

マイケル・ケンナさんの場合は、

各作品限定30枚ほどしかプリントされません。

 

エディション(シリアルナンバー)が付いています。

26/30などプリント残数が少なくなるほど

購入する価格が上がります。

 

 

 

一流のアーティストの感性を

日常生活で楽しませてもらいながら、

将来価値が上がるかもしれないという

おまけが付いてくるのも アートならではの楽しみ方かもしれません。

 

 

 

シンプルな空間だからこそ、

お気に入りのアートが活かされます。

あなたもお部屋をすっきりさせて、

お気に入りのアートを壁にかけてみませんか?

 

Kennasnow 340

Michael Kenna マイケル・ケンナ ホームページ

-My Favorite Things
-