URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


今週のシンプルインテリアレシピ 〜間接照明の配線をすっきりさせる〜

 
昨日はメーカー在庫切れだった照明がやっと入荷し、 2ヶ月ぶりに納品をしてまいりました。 こちらのトイレは施主様のお好みを伺いながら 内装から、造作の収納家具、照明にいたるまで 全て設計させていただきました。
ダウンライトの光の落とし方には特にこだわっています。
今回納品したテーブルランプの配線見えないですよね? 設計段階から関わらせていただきましたので、 ミニマリストの天敵 → "配線のごちゃつき” もありません。
フルオーダーの洗面カウンターの中にコンセントを設け、 そこに差し込んでいます。
もちろん全ての照明は、人を感知すると自動で点灯。 人がいなくなると自動で消灯します。 消し忘れもありません。 今回納品したテーブルランプ以外は全てLED照明です。
どうでしょうか? テーブルランプが入ると、さらに雰囲気アップしていませんか?もうひとつのミニマリストのこだわりは、 白壁トイレの洗面収納扉。 これ「引き違い戸」なんです。 何の事を言っているか分かりますでしょうか?
引き違いの戸とは、和室のふすまのイメージです。 左右に開ける為には、戸が前後にずれて重なっていますよね。でもこの洗面台は引き違い戸なのに、 2枚の扉がフラットになっています。 しかも取手もありません。
左右に扉を開けるのに、 扉がフラットに並んでいては左右にスライドしませんよね? しかも取っ手がない・・・この仕組みわかりますか?ミニマリストとしては、 引き違い戸の前後の段差がクールじゃないんです。 取っ手もつけたくない。 引き違い扉は、物置や和室の襖のイメージになってしまう・・・ でも、観音開きの扉にすると、便器に扉がぶつかってしまう・・・ 狭いスペースでも収納の出し入れが簡単な引き違いの扉を、 クールなデザインにする・・・ そんな課題を解決しているんです。 こんな、言われないと気づかれないような 些細なポイントにこだわるミニマリストでした♪

-シンプルインテリアレシピ