URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


2017/03/15

ミニマルな暮らしを目指した理由  ゼロからの出発 2回目の引っ越し

IMG_2098

今回の投稿は・・・
風水に関することなので、 興味のない方は
  

『そんなこともあるのかな?』
  

程度で流して読んでくださいね♪

 
  

『髪の毛一本たりとも古いものは持って行かない』

そんなアドバイスををいただき、
2006年の最初の引っ越しでは
ゼロからの出発にチャレンジしました。
 
  

仕事に関しても全て一旦リセットし、
過去のつながりも全てリセットし、
本当の意味でゼロからの出発をしたのです。
   

    

その後の2008年に
3Fに住んでいらっしゃった大家さんが
バリ島へ移住してしまいました。

当然空き家となった3Fは貸し出され、
ほどなく新らしい入居者がやってきました。

 

ところが、
その方たちと私たちのウマが合わないというか・・・
ある晩もの凄い怒鳴り声とともに
喧嘩が聞こえてきました。
かなり気性の激しい方だったのです。

 
  

特に妻にとっては
このことが相当ストレスだったようで、
夫婦で話し合った結果
これを機にもう少し使い勝手の良い
新しい環境を探すことにしました。


  

   

何しろ住環境へのこだわりは
人一倍強い夫婦ですから、
やはり物件探しにはかなりの時間を費やしました。
 
 
そして1年以上の時間をかけてようやく、
納得のいく物件を見つけることができたのです。


いざ引越しを終えて
インテリアの配置や照明のデザインを開始♪
その時点で知り得る風水の手法で
インテリアの配置を決定していきました。

 

デスクの位置、応接の場所、
本棚の位置、展示のベッドルームなどを
サクサクと決定していきました。
 
 
ミニマルを目指す生き方とは程遠いですが、
私のコーディネートのテイストを
表現する上ではとてもよい事務所となりました。

 

IMG_2098

 

IMG_4504

 

 

ところが・・・

 

写真ではおしゃれで心地よさそうな空間ですが、
どんなに工夫してインテリアを配置しても

どうしてもしっくり来ない感覚があるのです。


何か落ち着かず、仕事に集中出来ない感覚です。



室内のデザインは申し分ありませんし、
照明の雰囲気もバッチリです。


でも何か大事なポイントが
欠けているような感覚なのです。



そしてそれに対応するかのように
売上も下がりはじめました。


売り上げの変化だけではありませんでした。
私自身も急激に白髪が増え始めました。

 

肩こりも増えましたし、
些細なことで足を骨折してしまいました。

車を車庫の壁にこすってしまう
単純ミスも犯しました。

 

「これはおかしい・・・、風水が悪いのか?」


風水は知り得る範囲で
調整しているつもりでしたが何が悪いのか?



とにかく効果的な風水がないか?
いろいろ探す中で
やっと実践的かつ本格的な風水に
3年前に出会うことが出きたのです。

 
 
 
 

早速自分のオフィスで
風水診断をしてみました。


道路から入る門、玄関の位置、
主寝室、キッチンを照らしあわせて
判断をしていきます。
 
 
 
自分のオフィスの風水の結果は
惨憺たるものでした。
 
 
事業運や出世運が特に悪い風水でした。
しかも私の干支と重ねると、
ある年回りになった時に
大病を患うとも読み取れます。
 
 
 
それだけではなく、
長く住むと女性の健康にも良くない
とも判断できました。
 
 
 
これは妻や娘にもあまり良くない相です。


私がこれまで住んできた
住宅の間取りを思い出し、
方位を照らしあわせて判断してみました。

 

すると、
風水の悪いところに住んでいたケースでは
共通して以下の様な出来事が
過去に起こっている事が分かりました。

 

1,収入が減る
2,交通事故を起こしやすい
3,不注意の事故を起こしやすい
4,怪我をしやすい
5,怠惰な生活になりやすい


これまで香港や台湾などの
主流の風水でも
残念ながら判断することは出来なかった内容です。



この風水判断の手法に出会ったお陰で
風水の良し悪しが
人生に少なからず影響を与えていると
強く感じられる経験となりました。


 

今回のオフィスの件では、
自力で根本的な改善方法を導くことが
難しいと判断し、

風水の大家(たいか)である
先生に直接鑑定を依頼しました。


 

 

当然それなりの高額な料金でしたが、
それでも物件自体が気に入っていたので
改善出来ないかどうか掛けてみることにしました。


 

気になる結果は・・・
素直に引っ越すことを勧められました。



 

改善するためのアイテムが
日本ではほぼ手に入らないということと、
私の干支と、
土地の建物や土地のエネルギーとの
相性を考えると引っ越すことがベストだったのです。

 

おいおい!

自分で改善する方法が分からないから
先生に頼んだのに・・・
引っ越せって・・・

 



鑑定料はかなりの高額でした・・・

それで引っ越せって・・・



でもそれくらい
改善の余地が無い風水だったのです。


結論からお話すると、
引っ越しできたのが昨年の11月末です。
風水鑑定から2年以上の月日、
その場所で頑張りました。

 


 

売り上げは落ちる一方です。

トータルで利益を出していた株のトレードでも、
大きな赤字を出し続けました。
借り増しした融資で食いつなげました。

 

一方で私は 

”風水は自分の運命が引き寄せるご縁” 

のようなものだとも思っています。


運命に従って良い風水を
ベストなタイミングで引き寄せる人もいれば、
運命通り悪い風水の住まいを
引き寄せていると思うのです。



自分のケースもそう感じています。
つまりその人に必要だからこそ、
そのような風水の家を、
自分が選びそこに住むということ。




風水が悪いと悲観する気持ちは私も体験しました。
しかし、どんなに解決したくても、
運命というタイミングが巡り合わない限り、
根本的な解決のチャンスは
巡ってこないのではないか・・・



そう感じています。
(←私の場合、引っ越しするタイミング)

 

 

風水が根本的に悪いからといって
それがマイナスの影響しか与えていない。


とも考えていません。




マイナスだからこそ
プラスに作用する場合だってある
と思うのです。

 

(奥の深い話になってきますが・・・)
世の中(宇宙)は陰と陽のバランスで成り立っています。
 

女性と男性 上と下 右と左 プラスとマイナス
善と悪 光と影 天と地 北と南 西と東


 

どちらが良いとか悪いとかの
話ではありません。


どちらかの存在が無くなってしまったら、
片方だけでは存在することが出来なくなってしまう
ということなのです。



子供を授かったのもこのタイミングですし、
子供を授かったおかげで世界観が変わりました。


これは育児(育自)に
携わることが出来たおかげです。



だから、
例え風水が悪いという事実があるとしても、
そこに表面的な良い悪いがあるわけではなく、

今の自分に必要だから
そうなっているのではないかと思うのです。


風水の大家(たいか)ですら
改善するのが難しいケース。


引っ越しすることをすすめられるくらいの
ケースは稀なものだと思います。

 


 

でもそれくらい厳しい環境だからこそ、
自分のビジネスについても
徹底的に向き合うことが出来ました。


そのタイミングで地道に研鑽を続けたお陰で、
真の実力を身につける事が出来た。

結果的には真摯に向き合うことが出来た
と強く感じているのです。


もし安易に風水が味方して
金運が良くなったとしたら、

多分楽して稼ごうと思っていたに
違いありません。


宝くじに当たった人が
すぐにお金を無くしてしまうっていう
感覚に近いと思います。

 

そんなスタンスでは
良いサービスに発展することも無く、
遅かれ早かれ事業を潰していたことでしょう。


風水的にも金運的にも厳しかったからこそ、
なんとかそんな状況を打開しようと
努力してこれたのです。



 

正直に申し上げますと
根本的に風水の良い家はほとんど存在しません。

どこかが良くてもどこかが悪いようになっています。


世の中のお金持ちの人々が
わずかしかいないということも偶然ではないと思います。


そして同時に、
正確な判断が出来る風水流派も
少ないんじゃないかなとも思います。

 

風水の大家はこうも言っていました。

「本当に大金持ちが住むような風水は、
悪い組み合わせを複雑に使って成り立っています。
一見悪い風水に見えても、
悪い組み合わせが吉に転じるのです。

逆もまたしかりです。
良すぎる風水の組わせは実はあまり良くないです
」と。

 

”陰極まりて陽と成す。陽極まりて陰と成す” なのです。

 

昨年末に引っ越すタイミングで、
もう一度妻のメンターの言葉を思い出しました。

 

『トランクひとつで
暮らすように世界を旅する生き方に
あなたたちこそチャレンジしてほしい』

 


 

写真を見てもお分かりいただけるように、
物は少なく感じるかもしれませんが、
トランク一つで暮らすように旅をするような状況ではありません。

 

収納の中には
たくさんの洋服や生活用品が詰まっています。
カタログや事務所が必要なビジネスでは、
どんなに頑張っても暮らすように旅することは出来ません。

 

そんなスタイルで、
どんなに頑張っても、頑張れば頑張るだけ、
自由から遠くなるというジレンマにも気づきました。


ここは自分のビジネスのスタイルも含めて見直そう。
自分の持ち物ももっとシンプルにして
軽くなっていこう。


ようやくこのタイミングで本腰を決めて、
シンプルながらも
洗練された暮らしを目指すことにしたのです。


 

 

インテリアコーディネートアドバイスの
サービスは、
こんな背景から生まれました。


関西圏だけでなく、
全国の方にもリーズナブルな価格で
トータルインテリアの悩みを解決していただけます。

 

私も、日本はもちろん
海外にいても依頼を受けることが出来ます。

skpeやライン、iPhoneのFaceTimeを使えば
メールのやり取りだけでなく
電話のやりとりも可能です。

 

お客様にとっても、私にとっても
WIN WINの関係を作ることが出来る

我ながら自慢のサービスなんです。

-お片付けノート, ミニマル Cafe♪ 徒然日記
-