URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


ミニマルカフェ♪ シンプルライフを楽しむエッセンス ドミニク・ローホーさん

P1020762

ミニマルカフェ♪ シンプルライフを楽しむエッセンス

洗練されたシンプルライフのためのお役立ち情報を 毎週違った切り口で紹介していきます。

今週は、洗練されたミニマムライフの大先輩。 フランス人のドミニク・ローホーさんの 素敵な著書を紹介します。     『シンプルに生きる』シリーズの ベストセラー作家であり、 持たない暮らし実践者の代表的存在。

日本在住歴は30年以上ですから もはや日本人ですね。     『持たない暮らし』でイメージするのが、 『捨てる』ことであったり(断捨離) 『整理整頓術』であったり・・・ どこかストイックで 修行僧的なイメージってありませんか?     でも、このドミニク・ローホーさんの 著書に流れるのは、 シンプルな生活=美しい生活 シンプルな生活=豊かな生活   そんな空気感なのです。     私たち夫婦が目指す生き方も この方向性♪     「捨てる」生き方は、 いつまでたっても捨てる生き方。   捨て続ける人生ってどうなのかな? って疑問に思います。   そうではなくて、 自分という軸がはっきりした シンプルな生き方がここには書かれています。     自分軸がはっきりしているから、 何が必要かを知っている状態。   持たないシンプルな暮らしだからこそ、 所有するものにこだわり 愛情を持って接する生き方。   そんな生き方の知恵を この書著から感じとれると思います。   今回紹介する本のタイトルは 『シンプルに生きる』ですが、 フランス語のタイトル名は 『L'art de la simplicite la masion』   直訳すると 『住まいシンプル化の芸術』 といった感じでしょうか。   そこにはシンプルに生きることの美しさが 表現されいるのです。     そんな彼女も最初からシンプルな生き方が できた訳ではなくて、 紆余曲折を経ながら、 モノを少なくして身軽に、自由に生きたい。

そんな思いが最終的に『シンプルな生き方』に たどり着かせてくれたとも語っています。     シンプルだけど美しく生きたい シンプルだけど洗練された生き方をしたい     そんな方にぴったりの一冊です。

シンプルに生きる モノを持たない暮らし 1111

-ミニマル Cafe♪ 徒然日記
-