URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


ミニマルカフェ♪ 「日本はなぜアジアの国々から愛されるのか」

 
 
気分転換を兼ねて、久々に仕事と関係のない本を読みました。
たまたまAmazon で、コーディネートに使用する材料を購入している時に、
オススメで出てきた本でした。


レビューを一目見て即ポチッ♪


早々に届いた本を涙しながら一気読みしました。
日本人として生まれてきたことに素直に感謝でき、自信が持てる一冊。


著者は沖縄出身の池間哲郎さん。
米軍統治時代の沖縄に生まれ、占領支配を肌で経験してきた方です。
サラリーマンを経て映像制作会社を設立。
出張で訪れた台湾の山岳民族貧困と人身売買をきっかけに、
1990年よりアジア各国の貧困地域の調査、撮影、支援を行い続けていらっしゃいます。

 
ご自身も日本人として自信を持てなくなる我が国の歴史教育の影響もあり、
【1940年代までの日本人はアジアで占領政策を行い、今でも嫌われている】と思い続けていたそうです。


ところが実際に訪れたほとんどのアジアの国からの反応は、
日本への感謝、あこがれ、敬意だったそうです。(日本近隣の3国はもちろん除きます)

 

受け身の教育に不満を言い続けても何の解決も出来ません。
歴史は自分で学べば良いのです。
様々な方向から情報を集めて、自分で何が正しいのかを判断すれば良いのです。



戦争責任を追うべき侵略戦争を進めた嫌われるべき国 = 日本?
世界中のご縁ある国へODAでインフラを整備し感謝されている国=日本?
白人至上主義の植民地政策から我が国を守る為に選択するしかなかった戦争=大東亜戦争(太平洋戦争)?
アジア各国の独立のきっかけをつくった国=日本?
秩序溢れる行動で、どんな状況でも略奪や混乱が起きない素晴らしい国=日本?



申告しないと受給出来ない給付金や税制優遇と同じこと。
学ぶべきものは自分で学ぶしかありません。


もし今でも、「日本はアジアを侵略して迷惑をかけた・・・」
「日本人として誇りに思うようなことは何もない・・・」
そう漠然と思われているのなら、ひとりでも多くの人に読んで欲しい一冊です。


来年からノマド準備でアジア諸国を訪れる予定です。
わざわざ意識してするようなことでもありませんが、
日本の先人たちが築いてきた信頼を守れるような振る舞い、
日本人として恥ずかしくない行動を心がけたいと思いました。


池間さんが活動されているアジアチャイルドサポートのHPリンクをご紹介しておきます。
 

 

-ミニマル Cafe♪ 徒然日記
-