URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


ミニマルライフだからこそ日本を世界を楽しもう しまなみ海道 大島 カレイ山キャンプ場 

 


このゴールデンウィークは

妻の妹夫婦と義理の両親と

しまなみ海道でキャンプをしてきました。


妻の家族は生粋のアウトドア派です。

一度キャンプなどのイベントを決めたら

台風が来ようが雪が降ろうが決して中止にはなりません。


そんなM家には数々の武勇伝がありますが、

その昔横殴りの雪が降る中での

バーベキューの話が私の一番のお気に入りです。


横殴りの雪の中でのバーベキューですから、

一瞬にして手にしている焼肉のタレがみぞれになります。

そのみぞれ風の焼き肉のタレに

熱々の焼きたての肉を「ジュッ」と急冷しながらひたすら食べる・・・


ワイルドすぎちゃんもビックリです。

 

 




大雪が降って焼き肉のタレがみぞれになろうがお構いなしにバーベキュー・・・

台風が近づいて来てテントが傾こうが、一切気にせず就寝・・・


決して自然を支配すること無く、しかし決して屈しないそのスタンス・・・

3姉妹のたくましさは言うまでもありません。




さて話は逸れましたが、今回訪れたのはしまなみ海道の大島です。

しまなみ海道自体が私にとっては初めてだったのですが、

島から島へと渡る橋からの風景はとても素晴らしいかったです。

サイクリングしている人が本当に多かったのですが、

の絶景を見ながら風を感じて

自転車を走らすのはさぞかし気持ちが良いのでしょうね。



今回の目的地はカレイ山展望公園内にあるひっそりとしたキャンプ場。

ゴールデンウィーク直前でも唯一予約が出来た奇跡のキャンプ場です。



直前でも予約が出来てしまうほどマイナーなキャンプ場ですから、
特に広い広場もありません。

それでもトイレや炊事場がキレイなのがとても嬉しい限りです。
近くに外湯で入れる温泉施設もあるのも助かります。
とにかくこじんまりしていて、しかもひっそりとしているので思いっきり自然が満喫できます。2歳の我が子も大喜びでした。夜には綺麗な月とお星様を観て指差してはしゃいでいました。








今回とても楽しめたのが展望公園にあるカフェです。

公園内にあるキャンプ場だからこそ楽しめる裏技です。

カレイ山展望公園頂上にある絶景が楽しめるオープンカフェなんです。

土日祝日のみオープン。

近くのお母さん達がきりもりしているアットホームなカフェです。

儲けようなんて発想は皆無で、オレンジジュースもたっぷりいただけて250円。

しかもポンジュースのような濃厚さ。

さすが愛媛県ですね♪


限定25食のカレーがとても有名のようです。

11時から16時までの営業です。


キャンプでカレーを作るのではなく、

キャンプで限定数量のカレーを食べに行くという

新しいスタイルがここにはあります(笑)


-日本を世界を旅しよう
-