URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


持たない暮らし シンプルライフのお片付けノート  〜ノマドスタイルワークを目指すPart3〜


事務所が必要な職種の仕事スタイルをクリアリングすることでどこまでシンプルに出来るか?

そんなチャレンジの第一弾を4月19日のブログで、第二弾を5月12日のブログでご紹介いたしました。

第1段階では物理的なモノのクリアリング(整理)として

1,カタログやサンプルを必要なモノのみファイリング→棚を半分に減らせた
2,E-FAXを利用してFAX機器と固定電話回線を無くす
3,固定電話を無くした代わりに050のIP電話をスマートフォンで利用する(会社の電話番号専用として利用)
4,固定のインターネット回線を無くしてwaimaxを利用する。
5,PCやスマートフォン、タブレット、無線LAN、バックアップ用のHDDなどを全てapple製品に統一(MacでもWindowsが使えるようにカスタム済)

第2段階では物理的なモノのクリアリング(整理)として


6,カタログ類をすべて電子化して処分
7,サンプル類をすべて処分 → カタログとサンプルが無くなり棚を処分
8,ショールーム家具をオークションで販売 

を実践しました。

 
 
 

その結果 ショールーム兼事務所だった空間は書斎のようにシンプルになりました。
と同時に、そもそも事務所で作業をする必要もなくなってしまいましたし、
根本的に事務所が必要なのかどうかも検討するタイミングになりました。


この建物の2Fを自宅として利用していたため(メゾネットタイプ)、
事務所を手放すということは自宅も引っ越すということになります。


場所的にも神戸や大阪にも20分程度で行ける便利な立地であったので、
事務所機能を無くす為だけに引っ越すのも勿体無い話です。
特に引っ越す理由もないので暫くは放っておきました。



と同時に、仕事自体はどこでも出来るようになりましたので以下のパターンも試してみました。


というのも、さっぱり片付いた空間にデスクだけポツンと置いてある環境で、
たった一人で仕事をしていても集中できないということに気づいたからです。

※参考写真 
この何もない空間にデスクのみ置いて仕事をしていましたが集中できませんでした。



1,CAFEで仕事をする
最近では当たり前に見かける光景になりました。
電源を提供し、WiFiを開放してくれるCAFEが増えたのもその一因です。
大阪まで電車で10分程度、神戸でも20分程度という好立地のお陰で、
大阪のスターバックスや神戸のスターバックス、タリーズなどで充分仕事が出来ることが分かりました。

しかも、私にとっては事務所で一人で事務作業を行うよりも、
大勢の人が集まる公共の場(この場合CAFE)で仕事をする方が、
集中も出来て仕事がはかどることに気付きました。

もちろんこれは人によって違うかもしれませんが、
学校で勉強をする、会社で仕事をするクセが身に付いてしまっている私には、
自分以外の誰かが勉強や仕事をしている空間で作業するほうが、
無意識に集中できるのかもしれません。

最近では電源やWiFiの有無を教えてくれるサイトも充実していますので、
最寄りのノマドスタイルに適したカフェを探すことも容易になりました。
電源カフェ


2,図書館で仕事をしてみる
これは基本的に自習を禁じる図書館が多いのでNGだと思います。
一度試してみたかったのでトライしてみました。

結果は・・・

まったく集中出来ませんでした。
静か過ぎる環境と、自習禁止というプレッシャーで仕事になりません。


3,シェアオフィスを借りてみる
事務所をわざわざ持つ必要がない場合は、
最近増えつつあるシェアオフィスも一つの選択肢となりました。

決められた個室を借りれるタイプ、
当日空いているスペースを事前予約で自由に使えるタイプなど、
様々な形で提供されています。

神戸の御影に、それはそれはお洒落なシェアオフィスがあったので借りてみることにしました。
契約も1ヶ月毎に更新で、リーズナブルな価格です。
電話番号も付与され電話代行のサービスも付いていました。
それで月々3万円弱です。
オフィス・テナントを借りるよりもはるかに格安です。

 
これは非常に良い選択肢でした。
仕事をしている雰囲気もありながらも、中庭で紅茶などを飲みながら一服も出来る♪
何よりも電話代行サービスもありがたいサービスです。

車で40分近い距離があるので、育児との兼ね合いをみながら利用することにしました。




ところが・・・



カフェやシェアオフィスで仕事をするようになってからおよそ半年後に、
そのタイミングはやってきました。


2月22日に始めた記念すべき最初のブログでご紹介した仕事に関しての悩みでした。
夢にまで見た建築家の仕事を経験し、
夢にまでみた仕事を経験できる嬉しさ以上に感じているストレスに悩まされました。


それが昨年の10月です。
 

イメージから程遠い実務の難しさ、時間を費やしても費やしても追いつかない激務。
クライアント様と調整を繰り返す日々の中で全く見えて来ない出口。
もう一つのソウルワークである株式トレードに全く集中できる時間を作れないストレス。
どっちつかずの中途半端な集中状態で行うトレードの最悪の結果・・・
 
 
これまで様々な転職を経験してきましたが、その転職を決意したどのタイミングよりも、今抱えている仕事と今後の自分の方向性に悩みました。


とは言っても目の前の仕事は全力投球で進めるのがプロと言うもの。
これまで以上にクライアント様の為に奔走させていただきました。
そのストレスは初経験だからこその【未知に対する仕事のストレス】でもありました。


「でも、このまま、この流れで仕事を受け続けて自分の人生は幸せなのか?」


自分で考える限界を感じた私はヒントを貰うべく師匠に相談することにしました。



続く・・・



-お片付けノート
-, ,