URBAN NEUTRAL代表 ミニマル・インテリアデザイナーのシンプルライフブログ


持たない暮らし シンプルライフのお片付けノート 自然を愛でながら自分を棚卸  自分らしい仕事を具体的に導き出してみる

 



ここ最近ブログをお休みしていたのは、
自分のクリアリング(棚卸し)作業をより詳細にしていたからなんです。
昨日は天気が良かったので、その総まとめの作業をお花見をしながら行いました。



何の棚卸しをしていたかというと、それは ”仕事” に関して・・・


私達はある意味人生の大半をお金を稼ぐという行動、
すなわち ”仕事” に時間を費やしています。
男性なら仕事に携わる時間はほぼ人生の半分くらいにはなるのではないでしょうか?


42歳の私もこれまで26年もの間仕事をしてきています。

アルバイト時代
サラリーマン時代
自営業時代
現在のビジネスの運営
株式投資


これらを通じて様々な仕事を経験してきました。


限られた人生、限られた時間だからこそ、朝起きてイヤイヤ向かう仕事ってどうなんだろう?
爽快に目覚めて、ワクワクする気持ちで仕事に向かいたい。
人生のやり甲斐や生き甲斐も仕事を通じて実現したい。


そんな欲張りな気持ちが常にありました。
天職を見つけて自分らしく仕事をしてお金を得たい。
そんな探究心も常にありました。


その結果が、度重なる転職であり、独立であり、会社を興した事であり、株式投資の道でした。


サラリーマン時代に比べ、独立後は仕事に対するストレスは限りなく無くなりました。
人間関係のストレスもほぼありません。
(会社を経営していますのでお金に関するストレスはかなり増えましたが・・・)


私にとってインテリアの世界はソウルワークと言えます。
次の行動や、すべきことが自然と自分の内側から溢れ出てくる世界です。
イヤイヤ行うことなどほぼありません。

独立後、友人の強い勧めからスタートしたインテリアの模様替えサービスやクリアリングサービスも、
その自然な流れの中で進化し、
最終的には夢の仕事であった【建築家】の世界を垣間見るところまで来ました。


しかし、ここで初めて自分の中でストップがかかったのです。


そんな時だからこそ、この”ライフクリアリング”の出番です。


ここはひとつ過去から現在までを棚卸しして、
何が自分の中でストップさせているのか?その原因は何なのか?
しっかり見極めリルートを試みてみる・・・
いわば ”ライフクリアリング” という名のナビゲーションです。


どういった作業が、自分らしさを兼ね備え、自分の才能を活かし、
結果として喜ばれるサービスとなり、お金という対価を手にすることが出来るのか?


今回は困った時いつも助け舟を出してくれる 

”夫婦共通の師匠” から

アドバイスをもらいながら以下のような方法で導き出してみました。


お金を得るには通常労働という

カタチを取りますので大切なのが作業(行動)になります。



その ”作業” というキーワードに着目して、
自分らしい大好きな行動や作業を見つけてみるというのが今回の目的です。


現在就職活動をしている学生の皆さんや、
転職を考えている人にもヒントになるかもしれません。
ピンと来た方は是非一緒にやってみてくださいね。





Question1
今日から絶対にしてはダメ!と取り上げられたら怒りだしてしまう
(それほど大好きな)作業(行動)とは何でしょうか? 

※なるべくスピーディーに思いつくまま書いてみる。


例)気持ちイイ布団で眠る、本を読む、美味しいご飯を食べる、運転する、教える、
話す、運動する、世話をする、掃除する、助ける etc...


Question2
Q1で導き出した答えを3分類にまとめてみる

1,純粋に好きだと思える作業(行動)
2,これ無しでは心身的にダメージを受ける作業(行動)
例)眠る、食べる、歯を磨く、お風呂に入るetc...
3,依存しているものがあればこちらに入れる
例)ネットサーフィン、TVを見る、ゲームをするetc...

Question3
この愛する作業(行動)の中で一生涯やっていきたいことをリスト化してみる


Question4
あなたが本屋に行って立ち止まってしまうコーナーにはどんな本がありますか?


Question5
いままでの人生で5年〜10年続けていることにはどういったことがありますか?
※生活習慣以外で書き出してみる

例)ピアノを習う、スイミング、友人とのランチ、天然系のアイテムを使う、バンド、
自動車の運転、営業職、読書、絵を書くetc...




シンプルな質問ながらいざやってみると結構時間がかかりました。
時間がかかるからこそ、大好きな自然に触れて作業していたのです。
(お花見には最高の季節ですしね♪)



面白いのが、そんな大好きと思える行動にも3つの種類があるということ。

1つ目が純粋に好きなこと。
2つ目が生活習慣や生存する為に必須なもの。
3つ目が異存しているもの。

この中で特に大切なのが ”純粋に好きな作業” ということ。


ざっと自分で出した答えが以下です・・・
△印は好きな作業ですが依存している可能性もあるものです


A3 愛する作業の中で一生涯やっていきたい作業

・ノマドワーク(非日常空間で仕事する。世界中のどこでも仕事が出来るようになる)
・情報収集する(本を読む、△PCで探す)
・仕事をする(稼ぐ)
・環境を整える
・アドバイスをする
・△音楽を聴く
・自己表現をする
・創意工夫をする
・チャレンジする
・旅をする
・自然と触れる
・自分と向き合う

 

・リラックスする

 


そしてこの導き出した答えをマップにしてみました。
Q4の答えをヒントに本屋さんで立ち寄ってしまうコーナーや本の種類から大きなグループを作り、
そこに読んでしまう本の種類や、Q1〜Q5までの大好きな作業を入れていってみました。




それがこれです。





グループ1は紛れもないインテリアコーディネートのお仕事です。
しかし棚卸することで見えてきたこともありました。


それが、創意工夫、精神世界、模様替えなどのキーワード。
ゼロから空間を作るよりも私にとっては創意工夫する機会の多い模様替えの方がやり甲斐があって楽しいということ。



これは目からウロコでした。
友人の勧めで始めたインテリアサービスの原点そのものが私の個性を発揮し、
私の才能を開花させるものだったのです。
それをサポートしてくれるのが音響だったり、風水だったり、整理整頓だったりetc...


建築家になるという憧れ。
そこに遠回りをしながらもたどりついた時の違和感がここにありました。
自分の愛する作業と憧れの世界とは私にとっては違ったということ。


スキルアップとともに自然な流れで成長してきた
インテリアコーディネートサービスですが、
ここは早速自分のインテリアサービスの見直しにとりかからなくてはいけません。

だって模様替えのサービスを今現在提供していないのですから。


グループ2以降はその作業がしっかり終わってから分析スタートになりそうです。

-お片付けノート
-, ,